*

中洲と天神の中間点、最高立地の西鉄イン福岡(最近泊まった宿)

’07.11九州 008.jpg
’07.11九州 004.jpg
何と19年ぶりに博多へ泊まった。全国各地へ行っているつもりだが、博多は出張もなく、ご無沙汰であった。以前の記憶は殆どなく、どこに泊まるか迷ったが、福岡といえば西鉄なので今年8月にオープンした西鉄イン福岡へ予約を入れた。
福岡市中心部には西鉄インと名の付くホテルが、「福岡」のほか「博多」、「天神」とあり、さらに天神には西鉄グランドホテル、ソラリア西鉄ホテルがあり、混乱してしまう。
ホテルは那珂川沿いにあり、中洲と天神の中間、アクロス福岡の真ん前なので最高の立地である。ホテルはオープンして間もないが、もともと博多東急ホテルとして使われていたところである。それなので建物はかなり古い。
しかし、元シティホテルだけあって客室はゆったりしており、昔のスタンダードな都市ホテルに泊まっている安心感はある。客室はブロードバンド対応で、リニューアルもちゃんとされている。
朝食は最上階の”元・ラウンジ”でいただく。800円の和洋どちらかチョイスのセットメニューである。最近では珍しいスタイルであるが、内容は及第点といったところ。1泊目は洋食、2泊目は和食を選んだが、洋食にジュースが付かないのは残念だ。
料金も安く、コストパフォーマンスにも優れているホテルだ。
11月9,10日宿泊(じゃらんネット経由)ツインシングルユース 7200円
今後、「最近泊まった宿」は観光ミシュランで公開します

 - すべての記事一覧, 最近泊まった宿