*

二股らじうむ温泉の親会社・三和ファイナンスが破産を申し立てられる

長万部町にある名湯・二股らじうむ温泉を経営する消費者金融準大手の三和ファイナンスが9月12日、債権者598人から東京地裁へ破産を申し立てられた。全国展開している消費者金融を巡り、債権者が破産を申し立てたのは初めて。帝国データバンクの大型倒産速報によると、三和ファイナンスは利用者からの過払い金の返還を請求されてもこれに応じず、利用者が過払い金返還請求権を原債権として破産を申し立てた。

拙ブログ(旧バージョン)を開設した頃、三和ファイナンスが二股らじうむ温泉(もともとはラジウム温泉とカタカナ表記)を買い取り、再オープンさせたが、その変貌ぶりが何かと話題となり、一部紹介をしたところ大変多くのアクセスをいただいた。旧ブログはデータ消失のため、読むことはできないが、倍になった入浴料、取り壊されたドーム、張り紙の内容の異様さ、あまりに刺激的な広告などについて触れた。
たとえば「2週間の湯治で椎間板ヘルニアや脳梗塞の後遺症が良化する」などは、首都圏のJR車内広告に掲載されていたが、公取法にひっかかりお咎めを受けることになる。その後、「2週間以上療養し、お客様自身が良化の兆候がないと感じ申告した場合は、宿泊費用の全額を返還します」がキャッチのようになっていたが、本当に申告した湯治客はいるのであろうか。
何かと話題の多い会社だが、心配なのは温泉の方である。今のところ公式HPも閲覧でき、予約も受付けているので営業しているようだが、素晴らしい温泉なのでこれ以上荒らしてもらいたくない。温泉文化を守ることができる経営者にご登場願いたいところだ。
 

 - すべての記事一覧, 温泉