*

釧路最高級のホテル(?)「ホテルラビスタ釧路川」(最近泊まった宿)

%E7%94%BB%E5%83%8F%20001-1.jpg
2008_09260104-1.jpg
24日から遅い夏休みを兼ねて釧路に滞在している。15年前に10日間滞在したのがきっかけで釧路ファンになったが、今回はそれ以来の長期滞在である。前回同様にウイークリーマンションを借りたが、ある理由があり、2泊でチェックアウト。そのあたりについては別の機会で触れたい。
釧路3泊目は釧路観光の中心・幣舞橋袂に位置する「ホテルラビスタ釧路川」に宿泊した。ラビスタはドーミーインチェーンのワンランク上のブランド。値段も釧路市内のホテルの中ではいちばん高く、プリンスや全日空より高いのだから時代は変わったものだ。
ここのウリは最上階(13F)にある天然温泉である。ちょうど旧釧路川、MOO、太平洋を見下ろすようなロケーションでこれ以上ないパノラマである。風呂自体はそれほど大きくなく、釧路特有の強塩泉だが、温泉感はイマイチ。やはり階上までお湯をくみ上げると質感が落ちる。源泉温度が30度と低いせいもあるがやや期待はずれである。
客室は海側と街側があるがおもにオーシャンビューはツインルーム。管理人が宿泊したダブル(シングル)は街側で、窓の正面がホテルパコ釧路の最近できた天然温泉大浴場であった。最近の釧路は温泉掘削ブームである。客室は15平米程度で並みの広さ。温泉があるため風呂はなく、シャワーブースのみだ。もう少し高級感があるかと期待したが、6月に泊まった同経営の「ラビスタ函館ベイ」の方が遥かに質感が高い(それでも本当は安普請だが)。
それにしてもこのホテルグループを経営する共立メンテナンスはなかなかのアイデア力がある。たとえば札幌のドーミーインは靴を脱いで和室にベッド、またロフト付の部屋などホテルというよりはアパートメント感覚であり、もともとは学生寮を運営していた会社だけのことはある。
朝食はバイキング形式だが函館同様、魚を目の前で焼き、小皿(小鉢)におかずが既に盛られている。女性ウケするホテルだ。但し、シティホテルではなく、あくまでもビジネスホテルとしての位置付けと考えた方がよい。スタッフの応対も宿泊特化型チェーンホテルのそれである。面白いのは外に足湯があることである。夕方、女子高生が浸かっていたが、地域へ向けたフィランソロピー的な効果が高いと思った。
9/26宿泊 ダブル(シングル)ルーム利用 朝食付き8,500円(じゃらんネット経由)

 - すべての記事一覧, 最近泊まった宿