*

「豊水すすきの」の車内放送は変? だったら他にもあり


 

「次は~豊水すすきの~」-。札幌市営地下鉄の車内放送で、東豊線豊水すすきの駅をアナウンスする際のアクセントが、このほど変更された。「ほう」にアクセントが置かれていたが「ほうすい」と、平たんな呼び方に。地域住民からの要望を受けての変更だ。 (6/23付 道新)

東豊線はあまり乗ることはないので気付かなかった。語頭の「ほう」にアクセントが置かれるのはおかしいというが、管理人は他の駅でも違和感を感じていた。
たとえば「大通」。やはり語頭の「お」にアクセントが来て、最初はおかしな響きに聞こえた。同様に、住所表示を示す、「南○条 西○丁目」でも「西」の「に」に高いアクセントが来る。添付したyoutubeで「豊水すすきの」の発音を聞いたが、「大通」と同じパターンに聞こえる。「豊水」は語頭を上げないのであろうか。
管理人もいつのまにかこのアクセントに慣れてしまって、タクシーに乗る時も「南4条の西3丁目」などと西のアクセントを高くして、郷に入れば郷に従っているが。
北海道のイントネーション自体にそういう傾向があるが、札幌は顕著だと思う。札幌市民の皆さん、語頭を上げる独特のアクセントにお気づきかな?

 - すべての記事一覧, その他