*

地震でみた北海道人気質 このおおらかさには救われる気分だ

’11.03Hokkaido 045 ’11.03Hokkaido 046

12日は完全に閉鎖された函館駅と駅前 交通規制で車やバスは入れず

管理人は関東に戻ったが、遂に計画停電が始まった。しかしながら我が家のエリアは昨日は中止となり、今日は実施されたはずだが電気は燈っていた。しかし、町へ出てみるとゴーストタウン、僅かな客しかいない居酒屋で呑んでいたが、ふたたび東電への怒りがこみ上げて来た。東電は既にガバナンス能力を失っている。

管理人は2月20日のブログでとんでもないことを書いてしまった(内容はこちら)。要約すると、日本経済が復興する可能性があるとすれば、首都圏にカタストロフィ(歴史的大惨事)が発生した場合と書いた。大地震や原発事故など都会に住めない状況になった場合、地方への移住(避難)が加速する。たとえば首都圏人口の1割(3百万人)が地方へ分散するだけでも、地方にとってはとてつもないと特需が発生する。特に北海道には多くの人が集まるというものだ。

現在、そこまでは状況が悪化していないが、首都圏近辺で大型地震(余震でも)が起きればそれが現実と成り得る。自分でとんでもないことを書いてしまったと思っている。

管理人は函館に3日間、閉じ込められたが、地元の人たちは「函館に大きな津波が来るなどあり得ない」と口を揃えていた。ご存知かと思うが、朝市周辺には2メートル近い津波が押し寄せ、使い物にならない状態になっていた。波は市電が走る海峡通りを越えて、大門周辺まで達したという。人間の経験則など大自然からみれば浅いものだ。

駅前、朝市、ベイエリアを翌日歩いてみたが、復旧作業で懸命であった。多くの観光客が当日は泊まっていたはずだが殆ど姿を見かけなかった。皆、どこへ行ってしまったのであろうか。

それでも函館の人たちは懸命に復旧作業をしていたが表情はそれほど暗くない。やはり、北海人のおおらかさであろうか。不安で凹んでいる首都圏とはどこか違う。そんな北海道人気質がまた好きになった。

’11.03Hokkaido 051 ’11.03Hokkaido 055

’11.03Hokkaido 056 ’11.03Hokkaido 076

復旧作業中の駅前・朝市・金森ベイエリア

 - すべての記事一覧, その他