高速バス向け車内モバイル情報誌「バスモバ」

NO IMAGE

日本旅行は、高速バス向けに携帯電話カメラで撮影すると情報が読み取れる2次元コードを掲載した車内情報誌を発行する。
雑誌名は「バスモバ」といい、高速バス利用者は車内で、読書サイトやゲームサイト楽しむことができ、JR西日本バスから配布を開始する。
高速バス(路線)は、ツアーバスに押され気味で、後手後手にまわっている。運賃競争では太刀打ちできず、付加価値を出す意味で、「バスモバ」を始めたのであろう。
携帯電話カメラを使ったサービスでわかる通り、ターゲットは若年層(30代以下)である。先日、ブログで取上げたウイラートラベルのようなところに、価格の敏感な若者、特に女性はツアーバスに流れている。
日本旅行は、旅行会社の中でもっとも高速バス予約に力を入れている会社であるが、果たしてツアーバスから奪還することはできるであろうか。

■最新の観光関連ニュースは「ツーリズムラボ北杜の窓Facebookページ」にてほぼ毎日更新中!>>

全記事一覧カテゴリの最新記事