ホテル・宿関連

3/5ページ

日本ホテル協会の加盟数がピークの半分に 集客に苦労をする老舗国内シティホテル

「JTB時刻表」や「JR時刻表」の大型版を買うと、巻末の黄色いページに「日本ホテル協会」に加盟するホテルが紹介されている。昭和30年代後半の「交通公社時刻表」には掲載されており、時刻表史上、もっとも長期に亘るクライアントではないであろうか。ところが、ホテル協会が苦境に立っている。 3月8日付の朝日新 […]

野口観光が箱根へ進出、高級化路線と並行して企業イメージの統一も必要では

ホテル・旅館経営道内大手の野口観光(登別、野口秀夫社長)は22日、国際的な温泉リゾート地、神奈川県箱根町の4温泉施設を買収したことを明らかにした。近く改装に着手し、6月から来年3月までに順次開業する。同社が道外でホテルを開業するのは初めて。高級旅館の激戦地、箱根に進出することで知名度を上げ、関東圏で […]

楽天トラベルが北海道の人気宿を表彰  宿とエージェントの健全な信頼関係を望む

  お客様アンケート大賞のヴィラ・コンコルディア(函館市) 楽天トラベル(東京・品川、岡武公士社長)は17日、宿泊実績や利用者から評価が高かったホテルや旅館を表彰する「楽天トラベルアワード2010」(北海道地区)の表彰式を札幌市内のホテルで開いた。表彰は今回で7回目。道内では13施設が受賞 […]

ホテルヒーローを取得「JRイン帯広」が今夏開業・JR北海道系列ホテルにブランド名の統一を望む

昨年12月、JR北海道が帯広駅前のビジネスホテル「ホテルヒーロー」の土地と建物を取得し、ビジネスホテルを開業するとしたが、2月1日付け同社プレスリリースで正式発表された。 過去の十勝毎日新聞記事はこちら 新しく開業する「JRイン帯広」は、札幌駅前に続いてJRインブランドの2号店となる。帯広には駅南口 […]

札幌グランドホテルが建て替え・こちらも外国人&富裕層向けへシフト

札幌グランドホテル本館客室から道庁をのぞむ 札幌グランドホテルや旭川グランドホテルを運営するグランビスタホテル&リゾート(東京、佐々木成人社長)は2日、2015年度にも約100億円を投じて札幌グランドホテル本館の建て替え工事を開始する方針を明らかにした。また、同年度にも本社を札幌に移すことを検討して […]

トリップアドバイザーのホテルランキングで「ラビスタ函館ベイ」が上位入賞 健闘する系列ホテル

口コミ型旅行ポータルサイト「トリップアドバイザー」の男女別日本のホテルランキングが発表された。このランキング、男女別の人気投票というところに特徴があるが男女共に1位に輝いたのが、沖縄・読谷村のホテル日航アリビラ ヨミタンリゾート沖縄である。 ランキングされたホテルは外資系や高級リゾート系が目立つが、 […]

新得町「トムラ登山学校レイクイン」「ペアーレ札幌」など公共の宿の売却が相次ぐ

トムラ登山学校レイク・イン(新得町屈足546、飯山俊夫社長)は8日午前の臨時株主総会で、今年度末で会社を清算、温泉宿泊施設を帯広市の「ホテル十勝屋」(後藤健二社長)に売却することを承認した。施設所有者は町。売却額は土地と建物を合わせて3260万円で、売却時期は来年3月。(11/8付 十勝毎日新聞) […]

東横インが顧客カードの入会金を社員が自己負担・社員を社員と思わない懲りない体質

フロント業務の長時間労働をめぐる労使トラブルが表面化している大手ビジネスホテルチェーン「東横イン」(本社・東京都)の四国にある一部店舗で、顧客会員カードの入会金を社員が自己負担で支払っていたことが、東横イン労働組合の調査で明らかになった。(10/19付 朝日新聞) 同労組は「ノルマ達成のため上司から […]

じゃらんが手数料を値上げ 宿側、利用者どちらから見てもこれはマイナスだ

リクルート旅行カンパニー(冨塚優カンパニー長)は宿泊予約サイト「じゃらんnet」のシステム利用料(手数料)を来年4月1日に値上げする。現在、利用客がシングル利用(1人1室利用など予約人数と客室数が同数のケース)の場合に宿側から受け取る手数料は宿泊プラン料金の4%だが、これを6%に引き上げる。2人以上 […]

風雲児?「北海道バム」が道民限定宿泊予約サイト「たいした北海道」を開設

沖縄県の観光情報サイト運営会社パムは札幌市に子会社「北海道パム」を設立し1日から、道内のホテルの安価な宿泊プランをインターネットで提供するサイト「たいした北海道」を開設する。 (10/1付 道新) 「たいした北海道」は道民限定の会員登録制。同社は、旅行代理店がキャンセルしたホテルの部屋を再販売するこ […]

帝国ホテルが札幌へ進出 抜け落ちていたエグゼ型高級ホテル需要

国内高級ホテルの代表格である帝国ホテル(東京)が、札幌市中心部に進出を検討していることが25日、分かった。三井不動産(東京)が札幌駅前通に建設する「札幌三井ビルディング」(中央区北2西4)に入る方向で、年内にも正式決定する方針。早ければ2014年度に開業する見通しだ。 (9/25付 道新)  札幌三 […]

すすきの駅前通(中島公園)にベストウエスタンホテルが10月1日開業

上 ベストウエスタン中島公園ホテル 下 斜め前には建設が中断中のホテルが リーマンショック以降、札幌市内の新設ホテルの数は減っているが、それでも今年に入り何軒か開業している。6月には札幌駅近く元第2ワシントンンホテル跡地に「三井ガーデンホテル」がオープンした。また、建設が中断していたが、ススキノのど […]

潜在需要が高そうなビジネスホテルの家族・グループ向け客室「ホテルニューオーテ」函館のホテルの事例から

先日、函館へ行った際、以前拙ブログで『駅前旅館の流れを汲む地元ホテルの新たなる挑戦』と題し、紹介をした「ホテルニューオーテ」に泊まってみた。ホテル過剰の函館で生き残る道として、ターゲットをビジネスではなく、「家族・グループ」へ目を向けて、客室の大改装に踏み切ったことを紹介したが、どうやらその狙いは成 […]

激化するビジネス客向け宿泊プラン、高価なQUOカード付きはいかがなものか

サラリーマンが出張をする際、いかに安く上げるかも能力のひとつかと思う。管理人は組織を離れてだいぶ時間が経ったが、経費削減の折、以前ほど自由裁量も効かず、”ささやかな抵抗”も難しくなってきているようだ。 経費を浮かす為、まず考えるのが交通費の節約だ。新幹線チケットを金券ショップで購入するのは昔からある […]

最近減っているホテルのバーと札幌ホテルバーを評価する

シティホテル宿泊の楽しみにホテル内のバーでの軽く一杯がある。特に知らない街、また疲れて外へ出る元気がない時、ナイトキャップ代わりになる。宿泊者限定のお得なプランなども多いので使い方によってはリーズナブルなホテルバーである。 ところが最近、ホテルのバーが減っているのだ。特に新しく出来たシティホテル、外 […]

鶴雅グループ 囲い込み戦略を進める「定山渓ゆらら」を買収

宿泊業界道内大手「鶴雅グループ」(釧路市)の大西雅之社長は19日、札幌市内で記者会見し、北海道市町村職員共済組合から「ホテル新定山渓ゆらら」を譲り受けたことを明らかにした。全面改装を行った上で、今年7月に鶴雅グループのホテルとしてオープンさせる。同グループにとっては支笏湖温泉に次ぐ道央圏進出となる。 […]

低迷が深刻な北海道の宿泊施設、叩き売りと過剰供給で悪のスパイラルに陥っている

ホテルや旅館など道内宿泊業者の半数が赤字経営に陥っていることが、北海道経済産業局が初めて実施した実態調査から分かった。アンケートでは景気低迷による旅行客の減少と、価格競争による料金値下げがダブルパンチとなって、経営を圧迫している事情が浮き彫りになった。 (2/17付 道新) 函館市内のホテル・旅館な […]

【鉄宿】JR札幌駅近くのどのホテルの客室から一番よく鉄道・電車が見えるか

京王プラザホテルから見た函館本線高架 「旭山動物園号」が待機中 鉄道ブームが高まる中、JR札幌駅直結のホテルが高層階客室を鉄道ファン向け「特等室」として売り出した特別宿泊プランが話題を呼んでいる。鉄路を一望でき、列車効果音のサービスまである凝りよう。果たして、鉄道ファンの心をつかみ、全国の駅直結ホテ […]

JR札幌駅南口近くに三井ガーデンホテルが開業・北海道内初進出

JR札幌駅南口近くで建設中の「三井ガーデンホテル札幌」(札幌市中央区北5条西6)が6月2日、グランドオープンする。北海道エリアへの出店は初めて。建物は地上14階・地下1階で、客室数は247室。「NordLivina-札幌、心寛ぐ、旅先のリビングルームへ」をコンセプトに、「プライベート性の高い、デザイ […]

09年国内ホテルCS調査発表、かなり納得行く評価ではないか

顧客満足(CS)に関する調査などを手掛けるJ・D・パワーアジア・パシフィックは11月26日、「09年日本ホテル宿泊客満足度調査」を発表した。全国のホテルグループ・チェーン141ブランドを対象に、宿泊客のホテルでの経験やサービスへの満足度を調べた。今回で4回目。今年8月にインターネット上で調査し、18 […]

「天人閣」が民事再生・難しい立地条件と中規模旅館の運営

東京商工リサーチ旭川支店は10日、天人峡温泉(東川町)で最大規模の老舗温泉ホテル「天人閣」が民事再生手続き開始を旭川地裁に申し立てたと発表した。負債総額は約8億4000万円。同ホテルは手続きの間も営業を継続する。(12/11付 読売新聞北海道版)  天人峡温泉については、8月の拙ブログ「天人峡温泉、 […]

旅館で増える0泊2食付型日帰り商品、新たな需要の発掘となるか

温泉、昼食と夕食、客室休憩をセットにした「0泊2食」プランが道内の温泉ホテルでも広がっている。長引く景気低迷の中、宿泊するより割安で本格的な料理と温泉を楽しめることから、中高年層を中心に徐々に人気を集めている。 (12/10付 道新) 今回、道新で紹介された0泊2食付きプランを実施しているのは、定山 […]

高い手数料に抵抗感、エージェントに対してもネット系重視へ

飯島綜研が全国の旅館を対象に実施した「旅行業に関するアンケート調査」によると、旅館の多くは旅行エージェントについて「営業戦略上欠くことのできない存在」と認めているが、8割以上が手数料に関しては「高い」と感じていることが分かった。また、9割近い旅館が改善を要望しており、「旅行業に対し、厳しい見方をして […]

十勝川温泉が札幌からの無料送迎バスを運転 宿泊付き直行バスにはガイドライン設定を 

十勝管内音更町の十勝川温泉観光協会(林文昭会長)は、冬場の観光客誘致を強化する。平日に札幌市と温泉とを結ぶ週1便の無料送迎バスを来年1月下旬から2カ月間運行する。マイカー客が減る冬場に移動の足を確保し、宿泊客増につなげる。(11/25付 日経新聞北海道版) 十勝川温泉には今年の2月に行った。実はこの […]

地域いちばんホテルとなった函館と釧路の「ラビスタ」を検証する

「ホテルラビスタ函館ベイ」客室からの眺望と客室 「ホテルラビスタ釧路川」ツインタイプと眺望(海側)・ダブルルーム(街側) よく拙サイトを紹介していただいている函館発地域情報サイト「IZA Hakodadi」さんが「ホテルラビスタ函館ベイ」の人気の朝食について取上げている。函館ベイエリアの中心・安田倉 […]

5万軒を割りそうな旅館、増え続けるホテル・・・しかし将来は

厚生労働省は27日までに、08年度の全国の旅館・ホテルの営業施設数と客室数をまとめた。それによると、今年3月末現在の旅館数は5万846軒、客室数は80万7697室となり、前年度に比べそれぞれ1449軒、1万4871室減少した。対して、ホテルは9603軒、78万505室で、161軒、1万4208室の増 […]

北見東急インが来年3月で閉鎖

東急ホテルズ(東京、犬飼徳比児は17日、100%子会社の北見東急イン(小林秀樹社長)の営業を来年3月31日で終了すると発表した。東急ホテルズは「老朽化した施設の改修費と将来の事業性を考え、継続を断念した」と話している。(9/18付 道新) 北見東急インに関しては昨年10月の拙ブログ「北見東急インが閉 […]

稚内全日空ホテルが売却を検討、三セクシティホテルに存在意義はあるか

稚内市が51.4%出資する第三セクター「稚内シーポートプラザ」(社長・横田耕一稚内市長)は、所有するリゾートホテル「稚内全日空ホテル」の事業譲渡に向けた検討を始めた。今年度末の累積債務が20億円に達する見通しとなるなど経営難が続いており、自力再建は難しいと判断した。コンベンション機能を持つ大型ホテル […]

お気に入り宿・湯駒別温泉(旭岳)「アートヴィレッジ杜季」がテレビに登場した

先日の「自遊人の温泉宿大賞」に関するブログで、管理人のお気に入りの宿もいくつか紹介した。その中で湯駒別温泉(旭岳温泉)の「アートヴィレッジ杜季」を勧めたが、1日、テレビ東京系でオンエアされた「高速道路・鉄道・船で行く!夏の日本列島乗り放題お得旅」で、この宿が番組に登場した。 番組では、千円ETC高速 […]

消え行くホテルのナイトテーブルとBGM

正しい洋室とナイトテーブル 最近のホテル客室は合理的に出来ている。目覚まし時計・空調調整ボタン・照明調整・果てはテレビから携帯の充電器までがベッド脇の壁に収納されており、部屋が広く使えるようになっている。ベッドサイズも大きくなり、高級ベッドや枕をビジネスホテルでも使用している。それはそれで便利で、結 […]

1 3 5