*

「日経消費ウオッチャー」で北杜の窓が取材されました

Nikkei Shohi

日経消費ウオッチャー」6月号(6/10発売)で北杜の窓が取材を受け、コメントが掲載されている。タイトルは「掘り起こせ、節電クールトラベラー」。今夏から秋にかけて旅行に回復の兆しが見られるといった調査レポートの紹介だ。

企業の節電対策による夏休みの長期化が話題になっているが、沖縄に押され気味であった北海道が復活の兆しを見せていることが消費者向けのアンケートでも実証されている。これまでも、夏休みの旅行意欲の高まりについては、各調査機関で同様なデータが出ているが、発表先が旅行関係企業であることが多く、そういう意味では今回の調査は公平な立場の専門誌なので精度が高いと思う。

かなり高価な雑誌だが、会社などで定期購読されている方は目を通していただきたい。先日は「JCAST ニュース」でも同様な内容で取材を受けたが、今回は担当記者さんがじっくり話を聞き、何回かメールでもやり取りをした。しっかりした内容となっている。

 - お知らせ, すべての記事一覧