*

道東道が全通、高速バスに対抗するJRに求められるサービスとは

tokuwari 画像 004

先月30日に道東道が全通した。公共交通機関への影響でいえば、時間短縮の都市間高速バスにとっては追い風、JRにとっては逆風である。これ以上の鉄道離れを食い止めようと、JR北では札幌-帯広間の時期限定格安きっぷを導入し、大々的にPRしている。今後の展開はいかに。

上記写真は駅構内などに貼られているポスター(チラシ)だ。「日帰り超割特きっぷ」は、11/10までの限定ながら、札幌-帯広間往復が8,800円で利用できるもの。これまでの割引きっぷでは、「Rきっぷ」で12,200円、高速道路延伸や高速バスを意識して投入した「Sとかち」限定の「割特きっぷ」が11,000円だったので、大幅な値下げである。

ところが料金面ではこれでも高速バスに軍配が上がる。札幌-帯広間「ポテトライナー」は片道3,670円なので大幅に安く、本数も10/30から7往復から10往復に増回された。所要時間は35分短縮の3時間40分になったが、JR特急利用であれば2時間15分~2時間半程度なので高速が開通してもバスは太刀打ちできない。

どちらに乗るかは利用者の判断によるが、逆風のJRにとって、値下げ競争には限界がある。むしろ鉄道の「優位性」をPRし、これまでと違った発想の「きっぷ」などを投入したらどうであろうか。

鉄道の優位性で云えば、「速達性」と「定時性」である。特に「冬こそJR」というぐらい強みを発揮する。しかし、それだけではもはや通じない時代だ。高速バスは若者や女性に支持されているが、その層は鉄道の[速達性」についてあまり知らないのだ。その理由のひとつに、地方ではローカル普通列車の印象が強く(やたら停車時間が長いキハ40など)、鉄道とスピードが一致しないようだ。高校などの通学で使っていればそうかもしれないが。

家や職場の近くから乗れて、狭いながらも快適(?)な居住空間のある高速バスにシフトをする理由はわかるが、管理人などは長い時間の高速バス乗車は苦手だ(高速バス関連の仕事をしていながら申し訳ないが)。その理由としては、車内での自由度のなさだ。

ガタイが大きい管理人にとって、3列シートといっても狭く、車内の移動もトイレに行くぐらいで儘ならない。何より、周囲の乗客と近いため、気遣いをしてしまう。列車なら堂々と飲める缶ビールも呑めず、ワンカップを開け、するめイカでも食べようものならその匂いが車内に充満する。夜行バスでは缶ビールを蓋を開ける音すら遠慮をしてしまう。

余談だが、一昨年、十勝川温泉まで「ポテトライナー」に乗車をしたが、小さなペットボトルのお茶だけを買って乗り込んだ。5時間近く走るので、途中、SAでの休憩があると思い食料を用意しなかったが結局トイレ休憩もなし。暖房が異常に効いており、喉が渇いた。マイナス気温の十勝川温泉に到着をした直後に温泉に入り、風呂上りにビールを飲んだが、直後、息苦しさに襲われ、手足が動かしにくくなった。パニックになったが片方ではなく、両手足が動かしにくかったので脳ではないと思ったが2,3日体調不良が続いた。

実はこれバスで脱水を起こして血が濃くなっていたのだ。前夜、深酒をし、乾燥した車内で水分も殆ど取らずにいた直後に温泉に入り、アルコール・・・。もし、バスではなく、鉄道を利用していればこんな事態はならなかったはずである。自由度の高い列車では、デッキへの移動や車内販売もある。気分が悪くなれば途中の駅に降りることもできるがバスはそうはいかない。

 

JR特急は鉄道移動の自由度や快適性をもっとPRしてもいいのでは。管理人は「S北斗」や「Sおおぞら」のG車連結部にミニブッフェかミニバーを設けてほしいが。また、女性客への配慮も必要である。現在、高速バス予約サイト(「発車オーライネットなど)」では、隣席に男性がこないようにしているが、JRではまだこのサービスが実現していない。

また、車内も女性を意識したインテリアや座席に改造、パウダールームの充実などいくらでも話題性のあるネタがころがっているがJR北海道はあまりそこら辺りを意識していないと思う。

ケースは違うが、女性客や若者から支持されている「きっぷ」として、JR東海ツアーが発売している「ぷらっとこだま」がある。この商品は新幹線「こだま号」利用限定で、東京からなら名古屋・大阪方面へ格安で行けるもので、ワンドリンクサービスもある。東京から京都へ行く場合、9,800円なので、普通に購入するより3,420円安い。

旅行商品扱いなので前日までの販売だが、この「ぷらっとこだま」と高速バスを片道ずつ利用している人も多い。特に若い女性に支持されており、高速バスへの流失を阻止しているだけではなく、バス利用者をあらたに誘客している。

新幹線と北海道とでは事情は違うが、若者や若い女性を意識した「きっぷ」や旅行商品の販売、また、座席の販売方法や車内の改造など取組んでみたらいかがであろうか。

 - すべての記事一覧, 公共交通(バス関連)