*

星空日本一の町に富良野が選ばれる、メディアの力恐るべし

朝日新聞3/9付夕刊「読者が決める日本一の星空スポット」で富良野が1位となった。回答総数5016人のうち、2258人(複数回答)が富良野を挙げている。
管理人にとってはやや意外な結果であった。天文台のある野辺山や乗鞍岳あたりが来るかと思ったが富良野が1位に輝いている。道内では知床をはじめ、各地で星空体験ツアーを実施している。また、先日寒さ日本一で紹介をした陸別のように天文台をつくり、星空で街おこしをしている地域もある。
やはりこれは「北の国から」の力か。森のむこうに見える満天の星のイメージが強いからであろう。勿論、道内でも富良野は地形や気象条件からして”よい星”が見える場所だ。それに加えて、メディアを通した知名度もあり1位になったのであろう。富良野は「住みたい街ランキング」(ブランド総合研究所発表)でも8位に入っており、小都市としては凄い数字である。
最近は温暖化の影響か、トップ10に何ヶ所か挙がっている信州や八ヶ岳方面の天候があまりよくない。晴天率も落ちていると云う。そういう意味では北海道はまだまだ星空がきれいだ。東京から札幌に着き、ススキノ交差点で上空を仰いだ時に、その美しさ(勿論ネオンではありません)にハッとしたことがある。札幌に着くと都会でも空気が違うので、道内の読者の方は自然環境に恵まれた中で生活をしている贅沢さを再確認していただきたいと思う。
先日の「日本一の夕日」のブログでも結論として書いたが、各々に「その時の環境が作り出すイメージング」があり、どこが一番かは選定できても、あくまでも参考であることは云うまでもない。
■日本一の星空スポットランキング
1位:富良野
2位:石垣島
3位:波照間島
4位:野辺山
5位:美ヶ原
6位:乗鞍岳畳平
7位:白馬
8位:清里
9位:富士五湖
10位:蔵王

 - すべての記事一覧, 地域(道北・旭川・富良野)