「体験型」の検索結果 48件

2/2ページ

根室・落石漁協の観光振興への参加、漁協などは意識を変えられるか

落石集落から岬の灯台へ続く遊歩道 徒歩20分ほど車では入れない 根室市の落石漁業協同組合は、市内の酪農家グループが地域の景観を生かし整備した遊歩道「フットパス」を観光資源として育てる活動に参加すると22日付け日経が報じている。9月8日、大地みらい信用金庫が主催し実施する「第3回フットパスウオーク」J […]

入込み数が激減の知床、世界遺産登録の意味は

世界遺産登録3年目を迎えた知床の観光客が激減していると7/25付けの東京新聞が伝えている。斜里町の今年1月から6月の入込み数は、約41万人で昨年同期より16%減少、羅臼町も4月から6月の入込みは、前年比2%減の13万5千人と共に苦戦をしている。 この現象、どうみるか。管理人は知床の観光客数減少の理由 […]

合併した町にかんじた旧町の二極化

旧熊石町・町営国民宿舎ひらたない荘へ向かう道と八雲町「ハーベスター」から望む噴火湾 31,1日と以前、マチづくりのアドバイザーをしていた旧熊石町(現八雲町)を1年半ぶりに訪れた。 函館からレンタカーで約1時間50分の道程であるが、途中にある道路標識が「八雲町(旧熊石町)」や「八雲町(旧熊石)」に変わ […]

●2月17日~3月9日までの道内ニュースクリッピング

作成にあたりニュースのデータ元は以下の通りです。 北海道新聞、朝日新聞、毎日新聞、日本経済新聞、北海道日刊スポーツ,BNNニュース、函館新聞、室蘭民報、苫小牧民報、小樽ジャーナル,十勝毎日新聞、釧路新聞、留萌新聞、観光経済新聞などです。 ■観光の話題全般 1.地元雇用「できるだけ」/夕張、加森観光( […]

「沖縄観光」と北海道

今週、有楽町の国際フォーラムで「ベンチャーフェア」が開催され、全国から新進気鋭の企業が参加した。そのなかで沖縄から参加したIT企業で観光予約のポータルサイトを運営している会社があり、話を聞いてみた この会社では、個人旅行者を対象にレンタカーやウエディング、滞在型の宿泊施設などの予約サービスを行なって […]

●9月4日~9月24日までの道内ニュースクリッピング

■観光の話題全般 1.加森観光、「オリカゴルフ&ホテル」の営業継承(9/6日経) 加森観光(札幌市、加森公人社長)は5日、民事再生の手続き開始を申し立てたリゾート施設運営のヒム(新潟県長岡市)から「オリカゴルフ&ホテルリゾート」(上川管内中富良野町)の営業を引き継ぐことを明らかにした。加森社長は取得 […]

四国4県がロングステイに関するポータルサイトを開設

このところ団塊退職者層を対象にした「北海道移住」に関する動きが盛んだ。首都圏では「お験し移住」など旅行会社パンフに体験ツアーと自治体の資料などが置かれるようになってきた。 「団塊移住」の是非についてはこれまで何度も意見を述べてきたが、もうひとつの柱であるロングスティ(滞在型)観光に関する動きは少し遅 […]

●7月29日~8月18日までの道内ニュースクリッピング

■観光・全般 1.旭山動物園:7月の入園者も全国1位(8/1毎日) 北海道旭川市の旭山動物園(小菅正夫園長)の7月の入園者数が37万8731人を記録し、6月に引き続き全国一になった。8月5日にはガラス越しに至近距離で見学できる「チンパンジーの森」が新規オープンすることになっており、「9月まで4カ月連 […]

●7月14日~7月28日までの道内ニュースクリッピング

作成にあたりニュースのデータ元は以下の通りです。 北海道新聞、朝日新聞、毎日新聞、日本経済新聞、北海道日刊スポーツ、BNNニュース、函館新聞、室蘭民報、苫小牧民報、小樽ジャーナル、十勝毎日新聞、釧路新聞、留萌新聞などです。 ■観光・全般 1.英語不対応カーナビに不満 レンタカー利用した外国人に(7/ […]

滞在型観光の選択肢 都市型滞在について

夏休みを控え旅行各社の北海道向け商品の予約状況は順調のようである。 これまでの格安ツアーや周遊型旅行からオーダーメード型の個人旅行の比重が高まりをみせている。レンタカー需要が多い夏休みには個人手配型旅行が集中する傾向がある。 また、滞在型の商品を扱う代理店も増えている。概ね1箇所に3泊から6泊程度を […]

紋別に見るオホーツク観光の課題

これまで本メルマガならびにHPで記事になる機会が少なかったのがオホーツク地域だ。勿論、個人的に強い地域と弱い地域、興味があるなしも関係しているが、観光面から考えるとインパクトが少々弱い地域といえる。今回は紋別などを中心にしたオホーツク地区の観光について話をしたい。 オホーツク新聞によると紋別市産業部 […]

JTBと北大が旅行商品を開発

JTB北海道(札幌市、高橋威男社長)は旅行商品の企画で北海道大学と連携する。7月から道内外の小学生向けに農場での収穫やジャム作り、人工雪の製造などを体験できる科学教室を盛り込んだ商品を発売する。来夏には道外の団塊世代を対象に公開講座の開設も計画している。北大のブランドイメージを活用し、旅行需要の拡大 […]

長野県白馬村が長期滞在型観光プラン「ふぉーゆー白馬」の販売開始

観光客の減少を食い止めようと、白馬村観光局が首都圏のシニア層をターゲットにした長期滞在型の観光プラン「ふぉーゆー白馬」の発売を始めた。割安の宿泊料を設定し、1週間から最長1年の滞在を実現。山菜狩りやカヌー、木彫りなど四季折々のプログラムを楽しんでもらう。07年から大量退職期を迎える団塊世代の移住誘致 […]

廃線跡や鉄路を再利用した観光活性について               

4月,ちほく高原鉄道(ふるさと銀河線・北見-池田)が廃止されます。 これから学校が休みに入るとラストランを体験しようと多くのファンが訪れことでしょう。北海道では深名線(1995年9月廃止・深川-名寄)以来の鉄路廃止であり、今後これだけの長大線の廃止は暫くないと思われので大いに盛り上がりそうです。 そ […]

●道内ニュースクリッピング 10/10~10/22

■1■函館市内のホテル、旅館のネット予約が上昇 (10/10函館新聞) 函館市内のホテル、旅館でインターネットによる宿泊予約の割合が年々上昇していることが、日本銀行函館支店の調べで分かった。同支店は「既存の旅行代理店に比べ割安で人気をだが、今後は自社専用のサイトを使った予約獲得が必要では」などとして […]

今冬のスノーリゾートはどうなるか            

首都圏ではそろそろ航空各社や大手旅行代理店から北海道スキーツアーのパンフレットが店頭に出始め、申込みがスタートをする頃です。以前は秋ともなると旅行代理店のパンフレット棚を埋め尽くしていたスキー旅行ですが、スキー客の減少により、人気の中心であったバススキーツアーは激減してしまいました。 またツアーバス […]

【トピックス】国際的な野鳥観察旅行への期待 

このほどロンドンで8月19日から開かれた世界最大のバードウオッチングの見本市「ブリティッシュ・バードウオッチング・フェア」に根室市や釧路市が日本から初めて出展し、タンチョウやオオワシなどの道東に生息する野鳥が来場者の反響を呼びました。 英国には数百万人のバードウオッチャー人口がいるといわれています。 […]

-ジリ貧傾向の遊覧・観光船に打開策はないか-

-ジリ貧傾向の遊覧・観光船に打開策はないか- 阿寒湖や洞爺湖など道内観光の定番といわれる湖の観光船の利用者が03年度までの10年間で4割も減少していることが、国交省北海道運輸局のまとめでわかりました。 現在、道内の遊覧船・観光船は、道内時刻表(交通出版社)に掲載されているものだけで湖沼関係が大沼、支 […]