*

「 移住・ロングステイ・シニア 」 一覧

no image

「滞在型観光」の条件 どこに滞在するか決めるかは優先順位として2番目である

6月1日は北海道の観光が「オフ」から「オン」に切り替わる日だ。宿泊施設の料金が上 …

no image

お試し移住で人気は中標津、二拠点居住への対応が今後の流れか 

道内の市町村が用意する道外在住者向けの短期移住体験プラン「ちょっと暮らし」の20 …

no image

厚沢部でキャリア人材を対象にした移住体験ツアーを実施、ブラジル人受入れも議題に

道外の経営者や商社OBから町の活性に向けたアイデアを提言してもらう「人材受け入れ …

夕張で炭住がログハウス風に変身 使われていない古い公営住宅の有効活用を 

いいかんじです 小樽市のログハウスメーカー「トベックス」が、夕張市から買い取った …

no image

移住促進企業の「北海道コンシェルジュ」が事業撤退、やはり無理があった移住ビジネス

移住支援に取り組む北海道コンシェルジュ(函館)が本年度限りで移住支援事業から撤退 …

no image

上砂川町がペットOKの公営住宅、転入者アップのために役場がアイデア募る

犬や猫と一緒に町営住宅で住めます――。旧産炭地で過疎化が進む空知支庁上砂川町がこ …

no image

市立赤平総合病院が医師確保のための体験ツアーを実施

深刻化する医師不足の解消につなげようと、赤平市の市立赤平総合病院では、道外の医師 …

本気度が高い入場者が目立った「デュアルライフフェア2008」

「海外ロングステイ・国内デュアルライフ2008」(ロングステイ財団・日本経済新聞 …

釧路市が取組む「避暑型都市滞在生活」,管理人もチャレンジ

写真上:SSホテル(SSハイツ)外観 中:通路 下:入港した「飛鳥Ⅱ」(通路から …

no image

かつてのカニ族からエビ族の登場

昨年の暮れ、某公共放送からカニ族とエビ族についての質問があった。管理人はカニ族は …

no image

移住は南高型、昨年の移住総数は273人だが

2日付けの朝日新聞北海道版に2006年度の移住に関する実績報告が掲載されていた。 …

no image

北海道開発局が新しい発想のロングステイモニターを募集

国土交通省北海道開発局が、「北海道における冬期集住・夏期滞在モデル調査」の一環と …

no image

活発な北海道長期滞在へ向けた施策、利用者ニーズの把握がもっと必要では

HAKODATE男爵倶楽部ホテル&リゾーツ(函館)と函館大沼プリンスホテル(渡島 …

no image

週末田舎暮らし向け「情報バンク」制度を国交省が創設

来年度から、都市部に住みながら週末に地方で「田舎暮らし」を楽しむなどの「2地域居 …

長期滞在&移住をガイドした「るるぶ暮らし旅北海道」を見て

JTBパブリッシングが、北海道長期滞在型&移住をテーマにしたムック「るるぶ暮らし …

no image

完全移住よりもロングステイの充実が地域活性につながるのでは

ちょうど1年前のブログで長野県白馬村の長期滞在プログラムを紹介した。 今朝の朝日 …

no image

「大人の休日倶楽部」がウケている

JR東日本が盛んに宣伝している商品として「大人の休日倶楽部」がある。50才以上を …

no image

美瑛で「スケッチ観光」、団塊の取り込みが進むが

JTB北海道は美瑛町で丘陵景観のスケッチツアーを柱にした新たなタイプの観光振興に …

標津、函館、移住関連の企画が盛んだが

団塊層を中心とした道内移住誘致が活発であるが、標津町では土地を無償で提供すると話 …

no image

団塊北海道移住、皮算用どうりにいくか

道内への移住促進に向け、道や厚生労働省などが十一月二十三日に東京で、北海道の「食 …

no image

先進事例である鹿部町の団塊移住

口の約1割を首都圏などからの移住者で占める町がある。渡島支庁鹿部町。民間企業が別 …

no image

白馬村が長期滞在の観光プラン開始

観光客の減少を食い止めようと、白馬村観光局が首都圏のシニア層をターゲットにした長 …