*

新幹線延伸を見据えた函館観光プロモーション 「いか。ないと。函館」

東北新幹線の新青森開業を12月4日に控え、函館市や北海道新幹線新函館開業対策推進機構などは10日、今秋に南東北・北関東を中心に実施する観光キャンペーンの内容を発表した。2015年度の北海道新幹線開業を見据えた中で、キャッチフレーズを「いか。ないと。函館」とし、東北新幹線沿線駅での観光キャラバンや北海道物産展でのPRを通じ、オール函館で冬の函館観光をアピールする。(9/11付 函館新聞

先日、青森へ行ったが新幹線延伸で青森駅周辺も整備が進んでいた(駅は新青森だが)。東京から青森まで3時間10分なので、5時間10分程度で結ばれることになる。東京・博多間ののぞみ号所要時間と変わらなくなるが、乗換えがあり、航空機利用者がどのくらい新幹線乗り継ぎにシフトするであろうか。
それでも函館がまた一歩、東京から近づいた実感はある。八戸では遠くかんじるが、青森となると違う。函館市が観光キャンペーンに打って出るのは当然であるが、「いか。ないと。函館」のコピーには失笑してしまった。函館を代表する食材のイカと、クリスマスファンタジーや夜景など、冬の夜の美しさを掛け合わせたものだが、相変わらずのパターンである。
一昨年は山手線にラッピング電車を走らせ、昨年は新宿アルタのモニターに「イカール星人」を映し出し、観光PRをした。イカール星人は若者層を中心にそれなりと認知されかけているが、それが観光集客に結びついているかというと別問題である。
イカへのこだわり、クリスマスファンタジーのプロモーション強化がこのところ函館観光PRで目立つが、どこかずれている気がする。函館へ訪れる観光客はイカではなく、朝市のカニの印象の方が強いようで、クリスマスファンタジーとなると殆ど認知されていない。
どうもメッセージを伝えたい側と受け取る側にズレがありそうだ。イメージとして伝わっている函館は曖昧且つ表面的なものであり、そのズレを修復するのは大変なことである。はっきり云うとイカは地元が思っているほど訴求力がないと管理人は考えている。
夜景や異国情緒だけでは飽きられて、リピーターが育たないというのも理解できるが、むしろシンプルで抽象的、イメージ優先のPR戦略が合っているのではないか。
今一度、函館観光の原点(もっとも賑わっていた頃の手法)に戻ってみてはいかがであろうか。時代は経過しても、函館を訪れる観光客の志向はあまり変わっていないと思われる。

 - すべての記事一覧, 地域(函館・青森・道南)