「ニセコ」の検索結果 120件

2/4ページ

日光レークサイドホテルがリッツカールトンに・日本のリゾートホテルが危機にある

米ホテルチェーンのマリオット・インターナショナルが高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン日光」を栃木県日光市に開業すると決めたのは、外国人観光客の間で日本の文化や自然を体験できる地方への関心が高まっているためだ。リッツとしては初めて、外国人にはなじみの薄い日本式の温泉大浴場も併設する。日光を訪れる外国人 […]

本年もよろしくお願い致します

このブログ版は2004年スタートなので随分と長くなりました。最近はfacebook版が主体となっていますが、定期的に更新は続けてゆくつもりです。 このところ産業としての観光がクローズアップされるようになりました。昨年の訪日外国人は約1,300万人に達し、日本経済にかなり貢献していることは間違いありま […]

山椒は小粒でも….ノンブランドのスキー場や地域でも外国人呼び込みは可能ではないか

千歳市は、ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(GC、千歳市蘭越)から打診を受けていた、スキー体験を希望する冬期間の外国人観光客を市内泉沢の千歳市民スキー場で受け入れる。同GCが冬期間、クラブハウス周辺で展開している「ノース・スノーランドin千歳」の来場者が急増し、併せてゲレンデスキーの要望があるためで […]

この夏の「札幌長期滞在モニター」を募集

  さっぽろ広域観光圏推進協議会はこの夏(7/1-9/30)の間、札幌市とその近郊の同一宿泊施設に5連泊をした人を対象に2万円のキャッシュバックをするキャンペーン「札幌長期滞在モニター」を実施している。条件はいくつかあるが、道外在住で、観光を目的の人が対象となり、長期滞在モニター用の「さっ […]

臨時特急北斗乗車記 クリスタル車両は快適で疲れなかった

   代替車両による運転が続く札幌-函館を結ぶ特急「北斗」だが、現在、3タイプのリゾート列車が運行されている。昨年から「ニセコエクスプレス」車両と「ノースレインボー」車両が運用されていたが、4月からはトマムサホロで知られているクリスタル車両が投入されている。当初は金土日と祝日のみ […]

亡くなられた堤清二氏と観光リゾートビジネス、弟義明氏と比較してみると

左からクラブメッドサホロのOGショーとホテル西洋銀座エントランス 堤さんは一体、何人分の人生を生きたのだろうか。経済人堤清二と文学者辻井喬。相矛盾した二つの存在が、いずれも戦後史に大きな足跡を残したことは、驚くほかない。(11/29付 東京新聞) 堤清二氏が亡くなられた。表舞台から姿を消して久しい弟 […]

200%超の臨時「北斗」に乗車・そこで見た驚くべき光景と対応

    函館駅ではお目にかかれないニセコ車両の臨時北斗 9日(土)函館から札幌までリゾート車両を使用した臨時特急「北斗87号」に乗車した。当日、札幌行きの特急列車は大変混んでおり、ネットで調べると昼過ぎまで満席。管理人は14時台の臨時北斗に乗る予定にしていたが、前日夜に […]

自転車をバスの専用キットに積み込める「サイバス」、サイクル・ツーリズムの可能性

    左:国際興業「サイバス」の専用トランク 右:ニセコバスの積載実験 路線バス事業者の大手、国際興業が自転車を専用のトランクに収納し、目的地まで移動し、サイクリングを楽しむ「サイバス」(CyclingとBusを掛け合わせた造語)を始め、話題となっている。貸切バス車両 […]

弱肉強食 量販店の世界に似てきたホテル業界 -アパホテルがススキノグリーンホテルを買収

  不動産賃貸、ホテル経営の北海道振興(札幌)は、札幌・ススキノ地区で運営する「ススキノグリーンホテル」3館を、マンション・ホテル開発大手のアパグループ(東京)に売却する方針を決めた。複数の関係者が2日、明らかにした。北海道振興はホテル事業から完全撤退し、ススキノ地区の飲食店向けテナントビ […]

JR北海道 DSキャンペーン向けフリーパスを発売 目的に合ったものを探せばお得な鉄道旅行

 DSキャンペーン用のラッピング列車 エアポートライナーで使用 先日の拙ブログで「特急ヌプリ」などが運行される夏の北海道DSキャンペーンについて紹介したが、これらのイベント列車に利用できるお得なきっぷが発売される。 新たに発売されるものとしては、JR北海道全線の特急列車普通車自由席が3日間 […]

北海道長期滞在モニター締め切り迫る 最後まで残ってしまった道南地方

6月1日にスタートをした「北海道長期滞在モニター」だが、大半のエリアが定員に達したため、募集を終了。7日現在、公式サイトによると、募集中なのは、奥尻島・江差・羽幌(天売島・焼尻島)・滝上のみ。このうち滝上はキャンセル待ちの状態である。 島嶼部は集客が難しいかもしれないが、町内の大半の宿泊施設9軒が参 […]

「北海道長期滞在モニター」スタート・満員御礼の盛況だが地域によって多すぎるバラつき

先日の拙ブログで、この夏同じ宿泊施設で5連泊以上をすると一人に付き3万円のキャッシュバックがある「北海道長期滞在モニター」を紹介した。道外在住者限定で、道内32エリアの約160箇所の提携宿泊施設の中から滞在地を選び、アンケートに答えた1000名を対象に行うキャンペーンだ。 昨日、6月1日から専用サイ […]

湯の川の温泉ホテルが婚礼へシフト、「ブライダル・ツーリズム」という新たな市場

4月にリニューアルオープンした「イマジンホテル&リゾート函館」(函館市湯川町3)のオープニングレセプションが15日、同ホテルで開かれた。昼と夜の2部に合わせて約300人が来場。チャペルや披露宴会場など施設のお披露目が行われた。(5/16付 函館新聞/eHAKO) イマジンホテルは旧湯の川グランドホテ […]

10泊すれば1泊無料 スタンプ帖が魅力の「日本秘湯を守る会」

会員宿の玄関には必ず「秘湯を守る会」の提灯が飾られている 日本秘湯を守る会(佐藤好億会長、192会員)は12月20日、静岡県熱海温泉の大観荘で11年度の通常総会を開き、「変革元年」と位置付けた12年度の事業を決議した。12年度は、新たにi.JTB運営の宿泊予約サイト「るるぶトラベル」での宿泊販売を本 […]

「貸切バス事業者安全性評価認定制度」 道内では15社が安全な会社と認定される

観光貸切バス業界にホテル業界と同様の「星制度」に似た制度があるのをご存知であろうか。「貸切バス事業者安全性評価認定制度」といって、貸切バス事業者の安全性や安全の確保に向けた取組状況について評価認定を行い、それを公表するもので、本年度から運用が開始された。 制度の目的は、これまでバス利用者にとって、ど […]

原発事故により苦戦をする今冬のインバウンドだが・・・

  東京電力福島第1原発事故を機に外国人宿泊客のキャンセルが相次いだ北安曇郡白馬村で10日、白馬商工会などが、東電による賠償説明会を開いた。この冬も外国人観光客の大幅減が予想され、出席者からは影響の長期化への対応を求める声が目立った。一方、県内の他の観光地でも同様の懸念にあることが予想され […]

この夏休み、「北海道観光」は変わるか その中間報告

拙ブログでは今夏、道内を本州方面から訪ねる観光客が増えると春先から何度か書いてきた。特に連泊・長期滞在客が増え、今年は節電対策もあり、”クールトラベラー”による「滞在型観光元年」になり得ると述べてきた。その記事は意外な反響を呼び、「J-CAST News」、「日経消費ウオッチャー」などで紹介をされ、 […]

夏休み、1泊2日の安近短か6泊以上の長期旅行が増えて二極化の傾向

ことしの夏休みに旅行に出かける人は、電力不足に対応するため企業によって休みの取り方が分かれていることを反映して、1泊2日の旅行と6泊7日以上の長期の旅行が増えるなど、旅行日数に二極化の傾向がうかがえることが旅行会社の調べで分かりました。(7/5NHK News Web) このアンケートはJTBによる […]

「滞在型観光」の条件 どこに滞在するか決めるかは優先順位として2番目である

6月1日は北海道の観光が「オフ」から「オン」に切り替わる日だ。宿泊施設の料金が上がり、定期観光バスなどが運転を開始する・・・・といってもこれはひと昔前の話。周遊券があった時代は、5月までにワイド周遊券などを購入すると2割引になったものだ。しかし、最近ではオンからオフへの切り替えも曖昧となり、6月はま […]

札幌グランドホテルが建て替え・こちらも外国人&富裕層向けへシフト

札幌グランドホテル本館客室から道庁をのぞむ 札幌グランドホテルや旭川グランドホテルを運営するグランビスタホテル&リゾート(東京、佐々木成人社長)は2日、2015年度にも約100億円を投じて札幌グランドホテル本館の建て替え工事を開始する方針を明らかにした。また、同年度にも本社を札幌に移すことを検討して […]

加森観光がルスツにクラブMEDやGHMを誘致 需要を海外へ本格的に求める 

世界で高級リゾートを展開するGHM(シンガポール)とクラブメッド(フランス)が後志管内留寿都村に相次いで進出を決めたことが13日、明らかになった。加森観光(札幌)が現在のルスツリゾート敷地内に誘致したもので、ホテルや別荘、コンドミニアムを建設し、早ければ2015年に開業する。 (9/14付 道新) […]

大沼プリンスホテルが冬季休業決定、このままではジリ貧になる大沼観光

函館大沼プリンスホテル(七飯町西大沼温泉、斎川昭雄支配人)は5日、今年の営業を11月23日までとし、冬場を休業する方針を固めた。営業再開は来年4月16日を予定。冬期間の宿泊客が伸び悩み、慢性的に不採算状態が続いていることから、営業基盤の立て直しの一環で冬期休業を決めた。同ホテルの斎川支配人は「休業を […]

ウィラーが遂に上陸、無風だった北海道のバス業界にも変化の波が押し寄せそうだ

中央バスと共同運行をする13社の予約ポータルサイト「楽得バス13」 道内のバス業界の動きが慌ただしくなっている。ツアーバス(募集型企画旅行)の国内最大手であるウィラー・トラベルが北海道に上陸。貸切バス最大手の銀嶺バスがネットワークする「北海道アクセスネットワーク」と提携を結び、同社の手掛ける北海道リ […]

極東ロシアでスキー客誘致活動を実施、このエリアでのプロモーションを強化すべきだ

道内の観光業界が、中国と並んで増加傾向にあるロシア人観光客の誘致に乗り出した。道観光振興機構やスキー場経営会社などでつくる北海道スキープロモーション協議会は17日から、ロシアのハバロフスクやユジノサハリンスクを訪問。道内スキー観光をPRするとともに、現地の旅行会社とツアー商品の企画などについて協議を […]

函館で観光電動自転車を導入、クルマから自転車へ 地域の消費拡大へ繋がる新モデルだ

門司港のレンタル電動自転車 線路は廃線を利用したレトロ観光線 関門橋を望む 函館市や函館商工会議所などでつくる北海道新幹線新函館開業対策推進機構は11日から、JR函館駅前や西部地区で電動アシスト自転車を貸し出す新事業を始める。初年度は計8台を用意し、地域の観光振興や交通インフラの充実を目指す。同機構 […]

『札幌から行く日帰り温泉&昼食ごはん』(亜璃西社)

大型連休に突入したが、北海道発の旅行・レジャー関連の書籍を何冊か紹介して行きたい。 最近、0泊2食やランチ休憩など日帰り温泉旅行が注目を集めている。特に北海道は札幌からの日帰り圏に素晴らしい温泉が多く、宿泊をしなくても十分に楽しみことができるのが強みだ。今回、紹介する『札幌から行く日帰り温泉&昼食ガ […]

『札幌から行く日帰り温泉&昼食ごはん』(亜璃西社) 【書籍紹介】

新・札幌から行く日帰り温泉&昼ごはん posted with カエレバ 亜璃西社 亜璃西社 2012-06-20 Amazon 楽天市場 大型連休に突入したが、北海道発の旅行・レジャー関連の書籍を何冊か紹介して行きたい。 最近、0泊2食やランチ休憩など日帰り温泉旅行が注目を集めている。特に […]

サホロがゲレンデを大拡張、久々スキー場に関する大きな話題

加森観光(札幌)サホロ事業部(町狩勝高原、安田昌行総支配人)は、運営する「サホロリゾートスキー場」に隣接する佐幌岳北斜面の国有林地24ヘクタールで新たなコースの造成を計画している。新コースは5本で高速リフトを2基設置。道東道の無料化と2011年の全面開通を控え、海外や道外・道央の旅行客獲得に向け、競 […]

インバウンド対策も重要だが国内客、特に道外宿泊観光客に手を打て

今年度上期(4~9月)に札幌市を訪れた外国人観光客(延べ宿泊者数)が、前年同期比32・5%減の28万7359人にまで激減したことが市の調査で分かった。昨秋以降の世界的な不況と円高が影響したとみている。(12/7付 毎日新聞北海道版) 毎日新聞によると、【04~08年度と5年連続で年間首位だった台湾は […]

早期オープンや厳冬期閉鎖など増える季節営業型スキー場 集客に頭を捻るスノーリゾート業界

札樽道沿いにあり札幌からのアクセスもよい春香山・オーンズスキー場 この3連休で本格的なスキーシーズンが始まった。といっても道内の話だが、黒岳、富良野、札幌国際、キロロ、ニセコエリアなどほぼ例年通りのオープンとなった。毎年天然雪ゲレンデとしてはシーズンインが早い中山峠スキー場は、公式HPを見ると今シー […]

1 2 4