「ニセコ」の検索結果 120件

4/4ページ

「沖縄観光」と北海道

今週、有楽町の国際フォーラムで「ベンチャーフェア」が開催され、全国から新進気鋭の企業が参加した。そのなかで沖縄から参加したIT企業で観光予約のポータルサイトを運営している会社があり、話を聞いてみた この会社では、個人旅行者を対象にレンタカーやウエディング、滞在型の宿泊施設などの予約サービスを行なって […]

地球的な雪不足が新たな追い風となるか

先日、ニセコのコンドミニアム「ヨウテイ トラックス」が完成したが、販売価格が1部屋3500万から6000万円という高価にも関わらず豪州人を中心に完売した。今後、30数棟のコンドミニアムが建てられる予定である。 また、豪州人誘客だけではなく、最近は欧米へもプロモーションがされている。今年からは英国から […]

●10月26日~11月11日までの道内ニュースクリッピング

■観光の話題全般 1.ゆうばり映画祭、来年も継続へ・JRや加森観光が支援 (10/27日経) 主催する夕張市が財政破綻し、今年限りで中止を表明していた「ゆうばり国際ファンタスティック映画が、地元企業などの支援で来年も開催できる見通しとなった。JR北海道や加森観光などが、夕張市民が立ち上げる特定非営利 […]

西武系スキー場、深川と津別、予測通り売却先見つからず

旧コクド系のスキー場で現西武ホールディングスが所有し、今年度中の売却先を探していた11ある施設のうち深川(深川市)と津別(津別町)の2スキー場の売却先が見つかっていないことがわかった。 今年度中に見つからない場合は地元自治体側への無償譲渡など処理策を見直す可能性もあるという。 この2ヶ所のスキー場の […]

●9月4日~9月24日までの道内ニュースクリッピング

■観光の話題全般 1.加森観光、「オリカゴルフ&ホテル」の営業継承(9/6日経) 加森観光(札幌市、加森公人社長)は5日、民事再生の手続き開始を申し立てたリゾート施設運営のヒム(新潟県長岡市)から「オリカゴルフ&ホテルリゾート」(上川管内中富良野町)の営業を引き継ぐことを明らかにした。加森社長は取得 […]

●7月29日~8月18日までの道内ニュースクリッピング

■観光・全般 1.旭山動物園:7月の入園者も全国1位(8/1毎日) 北海道旭川市の旭山動物園(小菅正夫園長)の7月の入園者数が37万8731人を記録し、6月に引き続き全国一になった。8月5日にはガラス越しに至近距離で見学できる「チンパンジーの森」が新規オープンすることになっており、「9月まで4カ月連 […]

●6月29日~7月13日までの道内ニュースクリッピング

作成にあたりニュースのデータ元は以下の通りです。 北海道新聞、朝日新聞、毎日新聞、日本経済新聞、北海道日刊スポーツ,BNNニュース、函館新聞、室蘭民報、苫小牧民報、小樽ジャーナル,十勝毎日新聞、釧路新聞、留萌新聞などです。 ■観光・全般(7/5道新) 1.韓国人も「北海道行きたい」 海外旅行先調査で […]

滞在型観光の選択肢 都市型滞在について

夏休みを控え旅行各社の北海道向け商品の予約状況は順調のようである。 これまでの格安ツアーや周遊型旅行からオーダーメード型の個人旅行の比重が高まりをみせている。レンタカー需要が多い夏休みには個人手配型旅行が集中する傾向がある。 また、滞在型の商品を扱う代理店も増えている。概ね1箇所に3泊から6泊程度を […]

●6月8日~6月28日までの道内ニュースクリッピング

作成にあたりニュースのデータ元は以下の通りです。 北海道新聞、朝日新聞、毎日新聞、日本経済新聞、北海道日刊スポーツ、BNNニュース、函館新聞、室蘭民報、苫小牧民報、小樽ジャーナル、十勝毎日新聞、釧路新聞、留萌新聞などです。 ■観光・全般 1.YOSAKOIソーラン祭り:観客動員数、前回より減(6/1 […]

あらためてわかったスキー場経営の苦しさ

西武ホールディングスが、道内24施設のうち11施設を売却し、撤退することを一昨日お知らせしたが、売却、継続される施設名がわかったのでお知らせする。 特長としては富良野を除くすべての道内スキー場の閉鎖である。この中には本州からのスキーツアーでもお馴染みのニセコ東山や函館七飯が含まれている。あらためてス […]

道内西武系施設の売却

西武ホールディングス傘下プリンスホテルの大野俊幸会長は15日、札幌市内で高橋はるみ知事と会談し、道内にある24施設のうち、11施設を今年度中に売却すると表明した。有数のリゾート地であるニセコ地区からも完全撤退する。売却先が見つからない場合は閉鎖に追い込まれる可能性もあり、今後は11施設の引き受け先の […]

長野県白馬村が長期滞在型観光プラン「ふぉーゆー白馬」の販売開始

観光客の減少を食い止めようと、白馬村観光局が首都圏のシニア層をターゲットにした長期滞在型の観光プラン「ふぉーゆー白馬」の発売を始めた。割安の宿泊料を設定し、1週間から最長1年の滞在を実現。山菜狩りやカヌー、木彫りなど四季折々のプログラムを楽しんでもらう。07年から大量退職期を迎える団塊世代の移住誘致 […]

マッカリーナと「地産地消」の危うさ        

先日、真狩村にあるレストラン「マッカリーナ」へ足を運んだ。 マッカリーナは全国的に知られたレストランで宿泊施設を併設した第三セクターの施設である。 あまりにも有名な店なので行く前には不安もあったが、実際に足を運びその素晴らしさに感動をした。 感想から言えば奇跡の第三セクターといっていいだろう。 ジャ […]

●3月26日~4月9日までの道内ニュースクリッピング

■1■星形も見えるよ 新五稜郭タワー(3/28朝日) 4月1日にオープンする函館市の新五稜郭タワーが完成し、27日、関係者らに公開された。新タワーの高さは、避雷針を含めると107メートル。展望台は高さ90メートルで、これまでは全体が望めなかった五稜郭も星形がはっきりと見えるようになった。さらに五稜郭 […]

●3月11日~3月25日までの道内ニュースクリッピング

■1■道内のフィルムコミッション団体、一体PRへ連絡組織(3/11日経) 映画やテレビのロケを支援・誘致する道内各地のフィルムコミッション(FC)など16団体が、このほど連絡組織を発足した。これまでは各FCが個別に活動していたが、今後は共通パンフレットの作成といったPRで連携する。道内でのロケを増や […]

●1月25日~2月8日までの道内ニュースクリッピング

■1■道内の旅行者 減少続く(1/25朝日) 北海道を旅する人が減っている。観光客数(実人数)は02年度から04年度まで3年連続で減少、05年度も上半期(4~9月)は前年同期比で0・9%減った。このペースでいくと05年度通期でも前年を割り込む可能性がある。観光客の8割以上を占める道民客の減少が最大の […]

●1月11日~1月24日までの道内ニュースクリッピング

■1■北大など、ツアー企画でNPO法人設立・観光と医療を融合(1/11日経) 北海道大学や日本観光協会(東京・中央)などは今春をメドに、観光と医療を融合した新しい道内ツアーを企画する特定非営利活動法人を設立する。首都圏を中心に花粉症などのアレルギー症状に悩む人を顧客に想定。森林浴や温泉を楽しんでもら […]

●10月23日~11月5日までの道内ニュースクリッピング

■1■タンチョウの飛来続々(10/23釧路新聞) 冬到来を告げる国の特別天然記念物タンチョウが10月初めから、鶴居村や釧路市阿寒町などの市街地周辺に続々飛来している。「たんちょう舞ろーど」の愛称がある道道釧路鶴居弟子屈線の沿道からは、刈り取り後のデントコーン畑で落ち穂を求めるタンチョウの様子が見られ […]

今冬のスノーリゾートはどうなるか            

首都圏ではそろそろ航空各社や大手旅行代理店から北海道スキーツアーのパンフレットが店頭に出始め、申込みがスタートをする頃です。以前は秋ともなると旅行代理店のパンフレット棚を埋め尽くしていたスキー旅行ですが、スキー客の減少により、人気の中心であったバススキーツアーは激減してしまいました。 またツアーバス […]

【トピックス】国際的な野鳥観察旅行への期待 

このほどロンドンで8月19日から開かれた世界最大のバードウオッチングの見本市「ブリティッシュ・バードウオッチング・フェア」に根室市や釧路市が日本から初めて出展し、タンチョウやオオワシなどの道東に生息する野鳥が来場者の反響を呼びました。 英国には数百万人のバードウオッチャー人口がいるといわれています。 […]

■早読み雑学ツーリズム *8/8~8/28

1.エア・ドゥに新路線 羽田-女満別(8/8朝日) 北海道国際航空(エア・ドゥ)は8日、来年2月に羽田~女満別に新路線を開設する方針を決めた。9日に国土交通省に事業変更届を出し、発表する。羽田~新千歳、羽田~旭川、羽田~函館に続き、同社では4番目の路線。オホーツク海の流氷観光に合わせ、2月10日から […]

■早読み雑学ツーリズム *7/17~7/29

★1★ ビアガーデンあす営業開始 札幌・大通公園 (7/20道新) 幌市中央区の大通公園を会場にした恒例の第五十二回さっぽろ夏まつりのビアガーデン「大通納涼ガーデン」が二十一日に開幕する。サマータイム割引や平日の営業時間拡大など、各社とも集客に一層の趣向を凝らす。期間は八月十日まで。 ★2★ソフト開 […]

■トピックス 個人観光客向けバス事業のあらたな試み 

知床が待望の世界自然遺産に認定されました。今後、知床を訪れる観光客はますます増えるでしょうが、人と自然との共生をはかる上で重要なもののひとつに半島へのアクセス手段をどうするかがあります。 マイカー、レンタカー、バイク、観光バス、路線バスなど手段は様々ですが、屋久島や白神山地と比較し、アクセスが容易な […]

■早読み雑学ツーリズム *6/29~7/16

★1★「鉄道員(ぽっぽや)」ロケの気動車解体へ (6/29道新) 北海道を舞台にした高倉健さん主演の映画「鉄道員(ぽっぽや)」のロケで使われた気動車が、老朽化のため、近く解体されることになった。 「ぽっぽや号」はキハ40系の車体を、くすんだ朱色に塗装した撮影用の特別仕様。撮影終了後も富良野-新得間な […]

早読み雑学ツーリズム *6/14~6/28

★1★ 外国人旅行者の誘致 「ニセコを手本に」 (6/14 道新) 側一雄国土交通相は十四日の閣議に二○○四年度観光白書を報告し、了承された。○四年に日本を訪れた外国人旅行者は前年比17・8%増の六百十四万人と、初の六百万人台を達成。オーストラリアから後志管内のニセコ地域への観光客が急増していること […]

早読み雑学ツーリズム *4/28~5/13

1. JR北海道事故 運輸局が調査終了 (4/28 朝日) 国交省北海道運輸局によるJR北海道への立ち入り調査が27日終わった。年明け以降相次いだ事故の再発防止策の実効性を問うもの。兵庫県尼崎市で起きたJR西日本(宝塚線)の脱線事故で鉄道の安全に大きな注目が集まるなか、JR北海道は「基本動作が体にし […]

北海道は観光二次交通の整備と拡充を

最近、全国的に観光二次交通が注目を集めています。 「観光二次交通」とは、駅、空港などのターミナルから観光地を結ぶ交通機関のことでマイカーやレンタカー、貸切バス、タクシーなどは含まれません。 観光客にとって魅力的な地域づくりを進めるためには、駅から先、空港から先、港から先の交通(二次交通)を便利にして […]

早読み雑学ツーリズム *3/31~4/14

★1★ 苫小牧ほっきぶしが誕生 (3/31 東京新聞) 苫小牧市が水揚げ日本一を誇るホッキ貝を使った「ほっきぶし」が、市内の若手商業者二人の手で商業化された。かつお節の本場・高知の技と新鮮なホッキ貝の取り合わせ。燻製にされ、かつお節のように加工されたつまみや珍味だけではなく、だし汁を使って簡単に「ホ […]

西武グループ再編と北海道

西武鉄道グループの経営改革委員会がグループ再編計画を発表した。グループ中核企業のコクドのリゾート部門と西武鉄道を合わせた新会社構想が盛込まれ、この新会社のもとで業績の悪い施設は淘汰されそうである。道内にはコクドの施設が26箇所あり、その多くが苦戦をしいられている。道内のコクド関連施設をまとめておきま […]

DMVの観光活用

昨年の「北海道の達人」第3号でDMV(デュアル・モード・ビーグル)について「ふるさと銀河線」問題の中で取り上げました。DVMとはJR北海道が開発中の鉄道線路と道路にまたがって通行可能な小型車両のことで自由に通勤・通学・観光などができる交通手段です。 DMVは閑散区間の多いJR北海道にとって路線バスな […]

1 4