*

ノボテル札幌(最近泊まった宿レビュー)中島公園を一望・隠れ家的なホテルだが

札幌の大好きな景色に紅葉の中島公園がある。そんな景色を眺めたく、かなり外れにある仏外資系ホテルノボテル札幌に予約を入れた。
ノボテルになってからは昨年の2月以来、2度目の宿泊。ホテルアーサー時代から何度も泊まっている。今回は「じゃらんネット」経由で公園側ツインシングルユース(8,000円)で予約を入れた。平日なので安い。
率直な感想は、リニューアルオープンした昨年2月と比較するとクオリティが落ちた印象だ。ホテル全体に覇気がかんじられない。客室のベッドシーツには血液の染みがあり、清掃全体がいまいち。ツインといってもそれほど大きな部屋ではないが、デスクが小さく、ノートPCを置くのがやっと。バスルームも暗く、水捌けもよくないが、アメニティは充実している。
朝食は昨年泊まった時と殆ど変わっていなかった。バイキング形式で、目の前で卵料理は好みに焼いてくれる。シャトルバスはルネッサンスホテルと共同だが、時間通り動いていた。アクセスが悪い場所なのでシャトルバスは助かる。
客室から中島公園の眺めは、ノボテルの向こうに位置する札幌パークホテルに軍配が上がる。パークは、藻岩山など市内中心が一望できるが、ノボテルは、南から東に位置しており、札幌ドーム方面は眺められるが、市内中心部は泊まった客室からは見ることはできなかった。
夜は最上階にあるバー「21」へ足を運んだ。札幌パークホテル開業時からの超ベテランバーテンダーさんがノボテルに居り、ギムレットをいただいた。体調が芳しくなく、ススキノへは出なかったが、久しぶり札幌の夜景を楽しんだ。
11月6日宿泊(じゃらんネット経由)ツインシングルユース8000円

 - すべての記事一覧, 最近泊まった宿