*

札幌観光協会運営の「とうきびワゴン」が民間委託へ 長すぎた独占販売でマンネリ化か

toukibi-wagon2 toukibi-wagon

札幌・大通公園の風物詩、トウモロコシ売りの「とうきびワゴン」を運営する社団法人の札幌観光協会は、民間の業者に販売業務を委託することを決めた。希望の業者から販売方法の提案を受け、委託先を決める。(12/16付 朝日新聞北海道版

札幌観光協会による「とうきびワゴン」での販売は昭和42年からだ。露天商の屋台が増えすぎ、公園や道路を占拠するようになったため、札幌市が交通の確保と衛生面の問題を理由に昭和40年に屋台を排除した(オリンピック向けか)。しかし、市民の「街の風物詩をなくしてはならない」という声で、同協会が管理運営をするようになったという。

大通公園でのとうきび販売は明治後半から行われており、石川啄木の詩にも登場する歴史あるものだ。また、昭和61年からは、とうきび以外にも「じゃがいも」、62年からはラムネ・かき氷・アイスクリーム等の販売も行い今日に至っている。

管理人は今でも冷凍ではないナマが出る時期には大通公園のベンチに座り、かぶり付いている。地元の方はあまり食べることはないであろうが、北海道・札幌へ来たことを実感させてくれる、まさに風物詩である。

そのとうきびワゴンが赤字だという。確かに以前よりは食べている人が少ない気がする。ワゴンの数も減ったのではないか。

不振の理由を挙げるとすれは、マンネリであろうか。一般の観光客は一度食べれば十分であろう。また、トウキビ以外のメニューにあまり魅力を感じない。少しずつ新しいアイテムは増えているが、いまひとつといったところだ。売られている商品がどのワゴンでも殆ど変わず、どこへ行っても同じものが買える安心感はあるが十年一日のごとくの感は拭えない。

来年から民間へ業務委託をするというが、40数年に亘り、観光協会が事業を独占してきた訳だ。利権も絡んでいたであろうし、それで儲けた人もいるかもしれないが、これだけ同じことを長くやっていれば硬直化して来る。長すぎた独占販売のツケがまわって来たのかもしれない。

民間委託により新しいアイデアはいろいろ出るであろうが、管理人はたとえば出店ブロックごとにメニューを変える・移動販売を増やす(現在でも可能だが)・今の小型ワゴン以外にも簡単な調理ができる「屋台」の導入など画一化された今のシステムからの脱皮が必要であると思う。

また、現在、お腹に溜まるものはとうきびとじゃがいもだけだが、たとえばミニジンギスカンなどメニューも増やし、地ビールなどのアルコール販売もあっていいと思う。大通周辺はコンビニが増えたが、コンビニで販売をしていないものを揃えて差別化を図ることも重要だ。

個人的には修学旅行生や若い女性をターゲットに、意外と美味しいところが少ないソフトクリームなどのスィーツ屋台があってもいいかと思う。公園ではワゴンのアイスではなく、花畑牧場のソフトを食べている観光客の方が目立つ。

別の問題として、大通公園の変容もあると思う。かつては公園でのイベントが限られていたが、今では年中、その準備に追われており、落ち着かない環境となっている。また、イベントではフードフェスタなど食関連も多く、とうきびワゴンから見れば競合とも云える。

公園を市民や観光客の憩いの場とするのか、お祭り広場にするのかでも違ってくる。公園の全体像そのものを考える必要もある。

是非、観光客だけではなく、地元にも愛されるものに生まれ変わってほしい。

余談だが、観光協会は来年から主催の「ミスさっぽろ」の廃止も決定した。こちらも遅きに逸した感がある。

■ワゴンで現在販売をしているメニュー

トウキビ(やき・ゆで) 1本300円
黒もちきび (ゆで) 1本300円
じゃがいも 1皿250円
とうきび・じゃがいもセット 300円
ラムネ、お茶、ジュース 150円
かき氷 200円
アイスクリーム 250円
さっぽろの水 100円
サッポロミルクスィーツ 1個350円
アイスキャンデー 150円
とうきびペーパー(ポストカード)3枚1セット 120円

 - すべての記事一覧, 北海道の食, 地域(札幌), 観光(北海道全般)