*

北海道から離陸をはじめたエアトランセ

最近、噂を聞かないエアトランセであるが、27日に函館-帯広、函館-女満別の2路線の定期便廃止を国交省に届け出た。
余剰となった機材(ビーチクラフト機3機保有)は、沖縄に振り分けられ、那覇空港と沖永良部島・下地島間で新たな路線を運行する。
沖縄では、「乗り合い」便を運行するエアードルフィンと業務提携するようである。また、道内便は乗り合いの形態で、函館-帯広、函館-女満別線を継続する。
これで北海道、沖縄と拠点が二ヶ所になり、変則的となるが、次第に道外へシフトをしてゆくのはではないか。タクシー形式の乗り合い便は、生活路線の沖縄では需要があるであろうが、北海道では期待薄である。

 - すべての記事一覧, 公共交通(航空機)