*

六花亭ベアーズの新たなスポンサーに加森観光

ファイターズ、コンサドーレが絶好調と北海道をホームタウンにしているスポーツ界。
野球やサッカーに比べ、地味であるが、女子アイスホッケーの強豪・六花亭ベアーズ(釧路市)の新たしいスポンサーに、加森観光がなることになった。
これまでスポンサードをしていた釧路・六花亭が降板し、新しい引き受け先を探していたが、クマに縁(クマ牧場からスタート)がある加森観光が手を上げ、3年間の支援が決まった。新チーム名は、加森観光ベアーズとなる。
釧路はアイスホッケーが盛んなところ。昨シーズンも男子アジアリーグは日本製紙クレインズが制した。十条時代は、リーグのお荷物であったが、今では苫小牧を凌ぐ、強豪に発展。多くの選手を送り出している。管理人は釧路で試合を見たことがあるが、これほど地域に密着しているスポーツは珍しく(清水のサッカー以上)、マチに元気のない釧路にホームタウンスポーツがあることは素晴らしいことだ。
個人的には、地元の日本製紙がベアーズのスポンサードを引き受けてくれることを期待していた。男子チームと女子チームがあれば、ちょうど鶴(クレイン)のツガイとなったのだが。

 - すべての記事一覧, 地域(釧路・根室)