*

終着駅から写メールで送信、JR北海道が”終着駅を極める”フォトラリーをスタート

nemuro1.jpg
【写真】最東端の終着駅 根室駅
JR北海道は、道内の終着駅で撮影した写真を携帯電話で送信すると、オリジナルマイ箸(はし)などの記念品や「一日札幌駅長になれる権」などが当たる鉄道フォトラリー「終着駅を極める~端を極めて箸をもらおう!~」を開始した。
このプロモーションラリーは、道内の終着駅10ヶ所(函館、江差、室蘭、新千歳空港、新十津川、夕張、増毛、様似、稚内、根室)で、駅名を背景に入れながら本人の顔と切符を携帯電話で撮影して送信すると駅ごとに決められたポイントが獲得できるというもの。ポイントが一定に達するとマイ箸や札幌駅一日駅長などの”ご褒美”がもらえる。
ポイント獲得は駅によって異なるが、もっとも高いのは稚内、江差、根室駅で5ポイント。札幌圏から遠く、交通費を使ってもらったところには高く付くが、新千歳空港は1ポイントのみである。
この企画どこかで見たことがあると思ったが、携帯経路案内サービスの「JRトラベルナビゲーター」が休み期間中に実施している「ケータイ国盗り合戦」に似ている。ケータイ国盗りは、携帯電話の位置情報サービスを利用し、日本全国300に分けた国から、参加者がサイトにアクセスして「国盗り」ボタンを押すと、今いる場所の位置情報を取得しバーチャルな「国」が統一できるというもの。統一国数に応じてプレゼントが貰えるあたりもよく似ている。
なお、このラリーの開催期間は1/8から3/15までである。
【参考】JR北海道プレスリリース(PDF)

 - すべての記事一覧, 公共交通(鉄道)