*

京王プラザホテル札幌(最近泊まった宿)

%E2%80%9910.07Hokkaido%20038.jpg
%E2%80%9910.07Hokkaido%20042.jpg
%E2%80%9910.07Hokkaido%20060.jpg
モントレ札幌に連泊をした後は「京王プラザホテル札幌」に2連泊。ここは宿泊回数が最も多いホテルで1993年頃からお世話になっている。今回は約1年半ぶりの宿泊。最近では料金の安い商品を出さないでいるが、「月末キャンペーン」ということでツインのシングルユースが一泊6,000円という格安設定である。
いつもはJR高架から列車が見れる北側”鉄ちゃん部屋”に泊まる機会が多いが、今回は南側の高層階である。ふつうのツインルームだが、約30㎡あるので前泊のモントレよりもかなり余裕がある。何度も泊まっているので、戸惑うことはないが、ネット接続にはIDとパスワードが必要。フロントにコールをして聞いたがちょっと面倒くさい。
京王プラザの魅力はスタッフの質が高いことと飲食の充実であろうか。朝食は1階ブッフェだが、ここはいつも外国人観光客で混んでおり、「7:30~8:30は混みあいます」の張り紙がある。最上階に和食とセットメニューを出すフレンチがあるが現在は和食の「みやま」の営業のみ。
最上階へ行ってみるとやはりこちらは空いており外国人もいない。ホテル側が外国人団体客と分けるため、和食の食券は発行していないのであろう。有難い配慮である。また、和食以外にも洋食のセットも出してくれるようになっていた。
和食堂は北側に面しており、ちょうど真下には線路がある。思わずシャッターを押していると、スタッフがもっといいポイントがありますよと案内してくれた。鉄ちゃんと思われたようだが、京王プラザでは鉄道ファン向けの商品を他のホテルに先駆けて販売している。
ここに泊まると地下のスポーツクラブ(スパ)を利用する。サウナのみで宿泊者は1,500円と決して安くないがホッとする場所だ。
長い間、京プラを見てきたが、ホスピタリティが一定のところが嬉しい。やはり、親会社が電鉄ということで、経営が安定しており、ホテル数も多くないので、人の異動もそれほどないのであろう。管理人の好きな京急系ホテル「ホテルパシフィック東京」と合い通じるものがある。新宿では京プラのライバル(?)である小田急系のハイアットリージェンシーも好印象だが民鉄系のホテルは安心できるところが多い(ビジネスだがホテル京阪札幌も評判がいいようだ)。
6/29.6/30:ツインシングルユース12,000円+朝食「みやま」2回1,800円x 2+スパ1,500円 *じゃらんネットより予約
%E2%80%9910.07Hokkaido%20056.jpg
%E2%80%9910.07Hokkaido%20059.jpg

 - すべての記事一覧, 最近泊まった宿