*

じゃらんが手数料を値上げ 宿側、利用者どちらから見てもこれはマイナスだ

リクルート旅行カンパニー(冨塚優カンパニー長)は宿泊予約サイト「じゃらんnet」のシステム利用料(手数料)を来年4月1日に値上げする。現在、利用客がシングル利用(1人1室利用など予約人数と客室数が同数のケース)の場合に宿側から受け取る手数料は宿泊プラン料金の4%だが、これを6%に引き上げる。2人以上1室利用の場合の手数料8%は据え置く。(10/9付 観光経済新聞

同時に新ポイント制度「じゃらん×ホットペッパーポイント」を導入。利用客に利用額の2%のポイントを付与する。ポイント相当額は手数料に加算していったん宿側に請求。利用客がポイントを使って宿泊した場合、使用金額を後日宿側に振り込み、清算する。
 「じゃらん×ホットペッパーポイント」分の2%を新たに手数料に加算するため、宿側がリクルートに支払う金額は、シングル利用の場合には4%から8%に、2人以上1室利用の場合には8%から10%にそれぞれ上がる。実質的に8%と10%の2本立てとなる。
これまでネット系エージェントの手数料アップについては何度か意見を述べてきた。宿側から見て、ネット系は既存の旅行会社(リアル系)よりも手数料が安いことが何よりの魅力であったはずだ。最初に認知された「旅の窓口」(現在:楽天トラベル)は2-3%の安い手数料で、あっという間に宿泊予約の仕組みを変えた。
その後、ネット系エージェントは玉石混交の時代を迎えるが、現在では淘汰され、楽天トラ、じゃらん、一休などとリアル系のJTBなどが競うようなかたちが続いている。今回のじゃらんの手数料アップは大幅なもので宿側からのクレームが聞えてきそうである。
手数料の値上げはトップリーダーの楽天が先行するような形で行われていたが、今回、じゃらんが「ホットペッパーポイント」を付加するのは、楽天スーパーポイントを模したものではないか。もともとホットペッパーは美容院やエステ、飲食店などで使えるもので、それを宿側に最初負担させるのはおかしな話だと思う。
ネットエージェントの魅力は価格にあったはずである。手数料が上がり、それが宿泊料金に跳ね返ってくればその存在意味がない。最近、宿側が「ベストプライス」と謳って自前サイトが最安値であるとPRしているものを見かけるがまだまだ少数。リアル系エージェントのサイトの方が安い場合も多々ある。
巨大化したネットエージェント市場であるが、宿側も自衛策を考える時に来ているのでは?地域単位など独自のネットワーク構築や脱退も含めネット系に足元を見られず、依存をしない戦略を打つべき時期である。成熟したように見られる市場であるが、高値安定では困る。
また、ネットエージェントも、「旅の窓口」が誕生した頃の初心を忘れないでもらいたいが、これだけ巨大化した市場であり、親会社が楽天とリクルートでは体質から云って無理な話であろうか。
 

 - すべての記事一覧, ホテル・やど関連