*

ウィラー・トラベルがフェリーなどの船ポータルサイトを開設 バス&フェリーの商品を強化か

willer ships

ツアーバス最大手のウィラー・トラベルがフェリーなど国内航路の予約ポータルサイトを今日2月28日に開設した。北海道から九州までの22の船舶会社の航路を扱っており、近距離から長距離フェリーまで多岐に亘っている。

これまでフェリーのポータルサイトは存在しなかった(個人が開設したものは除く)。最近はフェリー会社の自社サイトも充実しており、ネット割引や事前に好みの座席や船室を選べるサービスなど使い勝手もよくなっていた。しかし、総合的なフェリー情報がないため、公共交通としての認知が低かったのも事実だ。

今回、ウィラー・トラベルで予約が可能な航路は長距離フェリーに留まらず、たとえば、青森と下北半島の佐井を結ぶシーラインや酒田-飛鳥航路(酒田市定期航路事業所)、愛知県の師崎と伊良湖を結ぶ名鉄海上観光船など生活航路や観光船などバラエティに富んでいる。

北海道関連では、ハートランドフェリー(利札&奥尻航路など)、津軽海峡フェリー(青函航路など)、川崎近海汽船(苫小牧-八戸)、太平洋フェリー(苫小牧-仙台)、商船三井フェリー(苫小牧-大洗)の予約が可能、新日本海フェリーも近々に参加するという。

フェリー各社は路線バス事業者と提携し、割安な連絡輸送きっぷを発売しているところも多い。今後、ウィラートラベルでは自社のツアーバスとフェリーをパッケージにしたきっぷを本格的に発売することが予想される。既存の乗合バス事業者にとっては脅威になるかもしれない。節約志向の折、高速バスに続き、フェリーが長距離移動手段として若者・女性などに浸透するか見ものである。

サイトを眺めてみたが、フェリー・船旅の楽しみ方を初心者を対象にレクチャーしており、いかにもウィラーらしいつくりとなっている。また、抽選で100名に乗船券プレゼントを実施している。苦戦が続くフェリー業界にとって、ウィラーの参入は「渡りに船」であろうか。

 

なお、ウィラーのようなポータル型ではないが、往路・復路それぞれ異なったフェリー会社が利用できるパッケージ商品(募集型企画旅行)を販売しているフェリー専門の旅行会社があるクルーズシステムというフェリーファンの間では有名な会社だ。たとえば行きは仙台から苫小牧まで、帰りは小樽から新潟までといった具合に航空機パックのような仕組で航路の選択ができ、かなり割安な設定となっている。こういった商品を販売しているのはクルーズシステムだけであり、使い勝手もよいので紹介させていただいた。

 - すべての記事一覧, 公共交通(フェリー・船舶)