*

『観光マーケティングの理論と実践』発行のお知らせ(管理人執筆)

book-1

管理人が共同執筆した『観光マーケティングの理論と実践』(監修・鈴木克也 エコハ出版)がこの度、発行されることになりました。

執筆を担当したページは、「観光と公共交通」、「観光と宿泊」、「今後の観光マーケティング」の約40ページです。「観光と公共交通」では、高速道路無料化実験などが公共交通に及ぼす影響や交通機関の新しいビジネス展開などについて触れています。また、「観光と宿泊」では宿泊予約サイトの現状、宿泊特化型ホテルと地域の関係、新しい宿泊ビジネスの流れなどについて書いてます。

「今後の観光マーケティング」では、シニア層と富裕層の動向、若者と旅行、新たなターゲットとして、管理人が以前から述べている「ポスト団塊 シラケ世代から新人類世代を掴め」、「観光をしない観光客」の取り込みなどについて紹介しています。

観光マーケティングに関する書籍は、日本では非常に少なく、大学で観光学部などが増え、観光立国を目指している割にはお寒いのが現状です。本書は、公立はこだて未来大学関連の出版物で、北海道とりわけ函館の事例も多く紹介されています。

書籍をお求めの方は拙サイトの「相談・お問い合わせフォーム」からお願い致します。定価2千円です。近々に書籍通販サイトでも販売のほか、電子出版化もされる予定です。

 - お知らせ, すべての記事一覧