ホテルダイナスティ札幌の宿泊レビュー「ベランダ&ジャグジーがある隠れ屋的ビジホ」

ホテルダイナスティ札幌の宿泊レビュー「ベランダ&ジャグジーがある隠れ屋的ビジホ」

9/13,14とホテルダイナスティ札幌に連泊。ダイナスティと云ってもご存知ない方の方が多いであろう。場所は北10条西3丁目、合同庁舎の裏あたりに位置し、札幌駅北口からは徒歩5分ぐらいか。
3年ぶりの宿泊だがこれまで何回か滞在しておりお気入りだ。まず、客室が広い。今回はツインシングルユースであったが、シングルでも20㎡平均ある。特筆すべきは各室ベランダがあり、窓を開けて外へ出れることだ。普通のマンションのベランダのような造りなので、もともとは住居用に開発したのかもしれない。椅子をベランダに置き、秋風に吹かれていると気持ちがよい。
もうひつと最上階に大浴場(男女入替制)があるが、屋上に出ることができ、そこにはジャグジーがある。屋外ジャグジーがあるホテルは札幌ではここだけではないか。ビジネスホテルにも関わらず、リゾート感があり、寛ぐことができる。
バブル期(90年前後?)に建てられたホテルなので設備はかなり経年劣化しているものもあるが、バブル期建設ホテルのよさを随所にかんじる。
連泊であったが、市内の他のホテルが満室のため、延泊できるかフロントに確認をすると、満室だが、9800円で用意するという。本来なら11,000円で出す予定だと言っていたが、今回は朝食付き6,500円で泊まったので、その変動の激しさにはあらためて驚いてしまった。
朝食バイキングは合格点。道産赤肉メロンが並んでおり、このクラスのホテルにしては大盤振舞いだ。
9/13.14宿泊:ツインシングルユース(22㎡)朝食付き 6,500円X2 じゃらんネットより予約

全記事一覧カテゴリの最新記事