*

コンサドーレスポンサー、今後はニトリ主導か

来季からJ1に復帰するコンサドーレのメーンスポンサーにニトリがなることになった。広告料として2億円、チーム強化費として1億円を出すもので、財政難のチームにとっては救世主の登場である。
ニトリは来季からユニホームの胸スポンサーとなり、コンサ2シーズン目の97年から続いた「白い恋人」は背中ロゴにまわることになる(コンサ初年は確か胸がハドソンで背中がサッポロビールであった)。これまでコンサドーレは石屋製菓=白い恋人=石水勲色があまりにも強く、それが災いして大物スポンサーが就きづらかった。
実際、石水氏(石屋製菓)は、豪華な「白い恋人サッカー場」まで提供し、スポンサー兼チーム運営にも携わる実質のオーナーであったが、あの不祥事により、これまでと同じ形態、規模でのスポンサードができなくなった。
そこでニトリが登場した訳だが、似鳥昭雄社長は慈善事業的な活動にも熱心な方である。もともと石水氏と似鳥社長は親交があり、その関係で協力を依頼したのであろう。J1とJ2では露出効果が全く違い、全国進出を果たしているニトリにとってはいいタイミングである。
約10年続いた石屋製菓(白い恋人)主導のスポンサードだが、来季からは体制が大きく変わりそうである。

 - すべての記事一覧, 道産子スポーツ