*

好評「ふるさと行きの乗車券」、某駅で手製国鉄時代風ポスターを発見!!

写真上は「ふるさと行きの乗車券」正規ポスター 以下JR東海道線某駅限定のポスター この駅にはこれ以外にも国鉄を意識している手製ポスターが数々貼られているがどこかは写真に答えあり
CA3A0208.JPG
CA3A0207.JPG
CA3A0203.JPG
CA3A0204.JPG
CA3A0206.JPG
CA3A0205.JPG
先日、拙ブログでJR東日本が年末帰省用に発売をした格安きっぷ「ふるさと行きの乗車券」について、紹介をしたがかなりのアクセスをいただいている。首都圏の各駅でも大々的にポスターと割引率が書かれた案内が掲示されており、立ち止まってじっと見ている人を見る。普通運賃の割引がミソなので、パッと金額を見るとえらく安くかんじてしまう。この商品、大ヒットするのではないか。
また、おなじみの「北海道&東日本パス」が今冬も発売される。内容はご存知の方も多いと思うので省略をするが、「青春18きっぷ」と比較をしたメリットは、①有効期間が12/10から1/20までと長い②急行「はまなす」自由席の乗車OK③津軽海峡線は特急料金を払えば函館-青森間乗車OK④青い森鉄道とICRいわて銀河鉄道乗車OK。デメリットとしては連続する5日間使用なので青春18のようにバラでの使用ができない。北海道-関東を往復するなら新幹線や飛行機、高速バス、フェリーなど組み込みながらの旅の方が効率的でアクセントも付くであろう。さあ、若者よ、旅に出よう。
Photo0020.JPG
Photo0021.JPG
「北海道&東日本パス」チラシ 上がJR北海道版 下がJR東日本版 初めて2種類あることを知る

 - すべての記事一覧, 公共交通(鉄道)