*

客室数別の売れ筋宿ランキング(じゃらん発表)

14日のブログでじゃらんネットの1ヶ月間の宿泊取扱額上位のチェーンホテルををお伝えしたが、今回は、2007年6月1ヶ月間の宿泊取扱額上位の施設をご紹介する。宿泊施設は、部屋数別(101室以上、51~100室、11~50室、10室以下)になっているのがポイントである。
-101室以上-
1.札幌グランドホテル
2. ヒルトン小樽
3.札幌プリンスホテルタワー
4.湯の川プリンスホテル渚亭
5.札幌ワシントンホテル
6. ロイネットホテル札幌駅前
7.チサンイン札幌
8.ホテルまほろば
9.ラビスタ釧路川
10.第一滝本館
100~51室
1.定山渓第一寶亭留 翠山亭
2.ぬくもりの宿 ふる川
3.湯元白金温泉ホテル
4.トーヤ温泉ホテル
5. ビジネスインノルテ
6.ホテルノイシュロス小樽
7. ラビスタ大雪山
8.札幌クラッセホテル
9.ホテルノルド小樽
10.大通公園ホテル
50~11室
1.御やど 清水屋
2.望楼 NOGUCHI 登別
3.温泉 宏楽園
4.ホテル クレール札幌
5. SPA&HOTELRESORTふらのラテール
6.札幌オリエンタルホテル
7.ホテルキクヤ
8.支笏湖第一寶亭留 翠山亭 
9.ホテルテトラスピリット札幌
10.ロテル・ド・ロテル
10室以下
1.知床ヴィラ ホテル フリーズ
2.旅亭 雪の屋
3.旅館 美国観光ハウス
4.旅の宿しらかば
5.ラ・コリー
6.ギャラリーペンション当麻
7.ペンション あしたや
8.ペンション a Dish(アディッシュ)
9.コテージケイダス
10. ファミール・イン・ラミーナ
【感想・評価】10室以下の宿になると管理人も知らない宿が多い。個人的には客室数25程度以下の充実が重要と考えている。小規模宿のレベルアップこそが北海道の宿泊施設の底上げにつながるからだ。先日、じゃらんネットの口コミ高評価の宿を地域別に見ていたったが、小規模な宿は九州が群を抜いてレベルが高い。
道内の高評価の宿は、口コミを読んでもピンとくるものが少なかった。今回の集計ではペンションや比較的リーズナブルな宿が目立つ。
【参考】じゃらんnet売れ筋宿ランキング

 - すべての記事一覧, ホテル・やど関連