*

合理的な駅前一等地にあるコンフォートホテル函館(最近泊まった宿)

Kamakura 099.jpg
Kamakura 100.jpg
函館駅前、電停の前に10月末にオープンした「コンフォートホテル函館」。開業してから1週間後に泊まってみた。コンフォートは、宿泊特化型ホテルで朝食は無料。勿論、客室ブロードバンドもあり、「ロフテー」枕に大きめのベッドと今どきのビジネスホテルである。
外資系のチョイスホテルジャパン(他にクオリティインなど)に加盟しているが、実際は四日市の会社がチェーンを運営しているらしい。
客室、ユニットバス共に狭いが、5,800円なら文句は言えない。これまで函館では、国際ホテルやロイヤルなどのシティ系か湯の川のビジネスパックなどに泊まってきた。以前、函館大門の東横インにはじめて泊まった時、その貧乏臭さがイヤになり、あまり安いところは避けていたが、寝るだけ、新築なので選んだ。
ホテルに文句はないが、無料朝食のサラダやフルーツはコンビニのひとり用プラケースに入っており、食器もすべて紙。濃縮オレンジジュースは原液で固まっていて飲めなかった。
それにしてもこの料金と設備、そしてアクセスのよさ、地場のホテルは太刀打ちできない。管理人はできるだけ地元資本のホテルに泊まるようにしているが、この合理性には勝てないと思った。
11/5宿泊 シングル5,800円(朝食無料)

 - すべての記事一覧, 最近泊まった宿