*

「JTB北海道時刻表」が休刊、旅の友がまたひとつ減る

Photo0011.JPG
Photo0012.JPG
Photo0013.JPG
上から「交通公社北海道時刻表」(’68.7)・「JR北海道ダイヤ」(’89.10)・「道内時刻表」(’93.4)
JTB北海道発行の「北海道時刻表」が、3月25日発売の4月号を最後に休刊することになった。「北海道時刻表」の創刊は1944年頃と古く、横長のデザインが戦前の時刻表のようで、なかなか味わいがあった。部数は公称3万部だが最近は落ちていたようだ。
北海道は”時刻表天国”でこの他にも「道内時刻表」(交通新聞社)、2004年までは「北海道ダイヤ時刻表」(JR北海道エージェンシー)があり、暫く3誌体制が続いてた。道内のきっぷ売り場には、JR発足前までは「JTB北海道時刻表」、JR化後は「北海道ダイヤ」が置いてあった。しかし、「北海道ダイヤ」と「道内時刻表」は、共にJR資本の会社が発売しているので、そのあたり整理する意味もあったのか「北海道ダイヤ」は廃刊となっている。「道内時刻表」と「北海道ダイヤ」はサイズも同じで、興味がない人は区別がつかなかったであろう。
道内に多くの鉄路や路線バス網もあった公共交通全盛の時代は、紙面もダイヤでぎっしりであったが、現在では「隙間」を埋めるのにかなり苦労しているような編集だ。以前は多かったホテル・旅館の広告も激減している(これは大型時刻表にもいえることだが)。
先日、九州で地元の時刻表を探したが、交通新聞社の1冊のみであり(西鉄は除く)、いかに北海道が時刻表天国であったか伺える。それだけ北海道は需要があり、公共交通を利用して旅する人が多かった頃の名残であろう。小型サイズの時刻表にはワイド周遊券の旅が似合う。
管理人の本棚には1974年頃からの北海道時刻表が処分しないで何十冊とある。いちばん多いのは「北海道ダイヤ」、次が「「JTB北海道」、「道内時刻表」の順なので売り上げと逆行していたかもしれない。これは東京でも買える「道内時刻表」ではなく、道内発売限定の「JTB」と「ダイヤ」を意識的に選んでいた結果であろう。特にJTB版は紙面がワイドで、ダイヤが見やすく、実用的であった。
公共交通の数が減り、時刻表を片手に旅をする人も減っている。単純なルート検索やダイヤ情報は、PCや携帯のナビサービスでできてしまうが、経路案内ナビは、多面階層的な組み立てをする周遊旅行や遊びごころを加えることができないので、北海道の旅の友は今でも時刻表である。
最後に残った「道内時刻表」には頑張ってもらいたい。
Photo0014.JPG
1968年7月の道内交通地図。国鉄ローカル線の多さもさることながら寿都鉄道、定山渓鉄道、雄別鉄道、羽幌炭鉱鉄道などの私鉄も健在。路線バスのネットワークもすごい

 - すべての記事一覧, 書籍紹介